ソニー、青紫色レーザー採用の放送業務用ディスクカムコーダーなど5製品を発売

2003年04月25日
<左>放送業務用カムコーダー『PDW-510/530』 <右>モバイルデッキ『PDW-V1』
●ソニーマーケティング(株)は、青紫色レーザーを用いた光ディスク(直径12cm)を記録媒体に採用した、放送業務用光ディスク・システム製品「PDWシリーズ」全5機種を発売する。詳細は以下の通り。

■放送業務用カムコーダー『PDW-510』(DVCAM記録)
  2003年10月1日発売  220万円

■放送業務用カムコーダー『PDW-530』(MPEG IMX記録/DVCAM記録の切換)
  2003年10月1日発売  350万円

■再生専用モバイルデッキ『PDW-V1』
  2003年10月1日発売  85万円
  
■記録・再生が可能なコンパクトデッキ『PDW-1500』
  2003年10月1日発売  175万円
  
■スタジオデッキ『PDW-3000』
  2004年1月発売    300万円

本PDWシリーズで採用している放送業務用光ディスクは、制作用途の映像記録フォーマットとして広く普及しているDVCAM圧縮とMPEG IMX圧縮の二つの記録方式に対応しており、容量23GBの光ディスクにDVCAM圧縮(25Mbps)で90分、MPEG IMX圧縮(50Mbps)で45分の記録が可能となっている。

『PDW-510』『PDW-530』は、新開発2/3型100万画素Power HAD EX型CCD採用により、-135dBの低スミアと感度F11の高画質・高感度を実現。また、ソフトのバージョンアップやセットアップ状態の保存用途として、メモリースティックスロットを搭載。本体側面にカラーLCDモニターを搭載し、撮影中の映像確認やカムコーダーで簡易編集が可能だ。

モバイルデッキ『PDW-V1』は、A4サイズの筐体に、3.5インチLCDディスプレイや、フレーム単位の画像確認や編集操作用のジョグダイヤルを標準装備。この一台で、光ディスクの再生と簡易編集が可能だ。また、SDIとアナログコンポジットの映像出力に加え、i.LINK(AV/C・SBP2)に対応しており、MPEG IMXで記録されたフォーマットを、i.LINK 端子よりDVCAMフォーマットで出力することも可能だ。

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSONY
  • 型番記事参照
  • 発売日記事参照
  • 価格記事参照

関連記事