この冬のSACD新譜タイトルはPhile-webで手に入る!

2002年12月06日
ラヴ・レター/ロイ・ヘインズ
●脅威の高音質サウンドが楽しめるスーパーオーディオCD。Phile-webの人気コーナー「SACDソフト総カタログ」の12月新譜情報を更新いたしました!こちらのコーナーでは直接最新SACDソフトの予約申込み、購入申込みができ、大変ご好評頂いております。クラシック、ジャズ、ポピュラーと幅広いジャンルにまたがる、最新作から発売中人気タイトルまで、およそ550タイトルのSACDソフトが手に入ります。

本日はPhile-webがお薦めするタイトルをご紹介します。ハードバップ全盛期から現在まで第一線で精力的に活躍しているドラマー、ロイ・ヘインズの最新作。名プレーヤー達の歴史的共演をSACDでお楽しみ下さい!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

=========================================================
ラヴ・レター/ロイ・ヘインズ
=========================================================
The Best Thing for You/That Old Feeling/Afro Blue/Que Pasa?/How Deep Is the Ocean/Love Letters/My Shining Hour/Stompin' at the Savoy/Shades of Senegal 2

参加ミュージシャン:
ロイ・ヘインズ (ds)
ケニー・バロン (p)
クリスチャン・マクブライド (b)
ジョシュア・レッドマン (ts)
ジョン・スコフィールド (g)
デイヴ・ホランド (b)
デヴィッド・キコスキ (p)
2002年5月23&24日、NY録音

ハードバップ全盛期から現在まで第一線で精力的に活躍しているドラマー、ロイ・ヘインズ。彼の最新作ということで参加ミュージシャンを募ったところ、当代随一の名プレイヤー達が「是非!」と諸手をあげて参加を表明。ロイ自身が喜びを隠せないほどの豪華メンバーが勢揃いすることとなった。今回のセッションは大きく2つのグループに分かれる。まずテナー・サックス中心のグループ 【ジョシュア・レッドマン(ts)、ケニー・バロン(p)、クリスチャン・マクブライド(b)】とギター中心のグループ 【ジョン・スコフィールド(g)、デヴィッド・キコスキ(p)、デイヴ・ホランド(b)】。どの楽曲も素晴らしい出来だが、タイトル曲でもある「ラヴ・レター」のギター〜ベース〜ドラムスのトリオ演奏に注目。「ロイと共演するのが昔からの夢だったんだ」と満面の笑みで語るジョン・スコフィールドの繰り出すギターと呼応するかのような深いベース、そしてしなやかなドラムス。ここに収録されている全ての音楽こそがミュージシャン同士が交わし、リスナーへと贈る『ラヴ・レター』と言えるだろう。

アーティスト・プロフィール
1925年3月13日生まれ。10代の頃から演奏活動を始め、45年にニューヨークに進出。マイルス・デイビス、バド・パウエル、チャーリー・パーカー、サラ・ヴォーン、ジョン・コルトレーン等、共演したことのないジャズ・ジャイアンツはいないだろうと言われるほど、過去から現在まで様々なミュージシャンから引っ張りだこにされているドラマーである。

(Super Audio CDのサイトよりタイトル紹介を抜粋)

■ジャンル:ジャズ&フュージョン
■レーベル名:Eighty-Eight's
■品番:VRGL-8809
■価格:\3,360(税込)
■チャンネル:Stereo
■ディスクの種類:シングル

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

●●●SACDプレーヤー全モデル紹介●●●
また、SACDプレーヤー全モデル紹介のコーナーでも、この冬に新しく発売されるSACDプレーヤーNEWモデルもご紹介しています。

<NEWモデル>
●SONY SACD(マルチチャンネル)/ビデオプレーヤー 「DVP-NS915V」

●YAMAHA ユニバーサルプレーヤー 「DVD-S2300」

●DENON CD/SACDプレーヤー 「DCD-SA10-N」

プレーヤー紹介のコーナーは新しいモデルの登場ごとに随時更新しています。ぜひご覧下さい!

ソフトの購入申込み方法についてはサイトに詳しく記載されていますので、お申込み前によくお読み下さい。

(Phile-web編集部)