ピクセラ、IEEE1394対応のDVDマルチドライブを発売

2002年12月03日
「PIX-DVRR/FW3」の前面と背面
●(株)ピクセラは、IEEE1394およびATAPIインターフェースを採用したWindowsおよびMacintoshハイブリッド対応でDVD-R(for General)規格と書換型光ディスクDVD-RAM規格(Ver2.1)、DVD-RW(Ver1.1)、CD-R/CD-RWの記録・再生を実現したDVDマルチドライブ「PIX-DVRR/FW3」を12月中旬より発売する。

本製品は、DVD-RAM/R/-RWとCD-R/-RWの記録・再生機能を搭載し、FireWire(IEEE1394)インターフェースを採用することで、WindowsとMachintoshの両方に対応している。

また、付属のDVD/CDライティングソフトウェア「Pixe Burn! 3」(Mac専用)では、従来のDVDイメージファイルのライティングに加えて、新たにDVD-Video/Video-CDのオーサリング機能を追加。ソフトエンコーダーを搭載し、DV形式のムービーやQuickTimeムービーをMPEG形式に変換して簡単にビデオディスクを作成できる。また、民生用DVDレコーダーの映像を活用するためのソフトウェア「PixeVRF Browser」(Mac専用)を利用することで、DVD-RAMディスクに録画されたMPEG映像をMacintoshに取り込んでそのまま利用することが可能だ。

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドPIXELA
  • 型番PIX-DVRR/FW3
  • 発売日2002年12月中旬
  • 価格\OPEN
【SPEC】
●対応機種:Macintosh、Windows
●インターフェース:IEEE1394 6ピン2ポート
●外形寸法:167W×53H×267D mm
●質量:約1.9Kg