<LCD/PDP International 見どころ紹介>シャープ、松下

2002年10月31日
<左>シャープのアドバンストTFT液晶採用の薄型デジカメ <右>松下の光センサー方式を活用した「タッチパネルシステム」
●10/30(水)〜11/1(金)の3日間、横浜桜木町のパシフィコ横浜にて開催されている、フラットパネルディスプレイ(FPD)の総合展示会「LCD/PDP International 2002」。ここでは各ブースの見どころを簡単にご紹介する。

<シャープ>
TFT液晶・STN液晶・システム液晶の3つの液晶技術を持つ同社の、幅広い先端技術を見ることができる。高品位表示を可能とした独自のASV技術や、10月より量産が開始されたシステム液晶などが展示されており、他にも専用メガネを必要としない3D液晶ディスプレイなどの画期的な技術も多数紹介されている。

<松下電器産業>
プラズマディスプレイパネルにおける情報配信システムや動画配信システム、さらに、信頼性の高い光センサー方式を活用した「タッチパネルシステム」などが主な展示内容だ。動画配信システムを有効に活用することで可能となる、PDPの「動くポスター」としての使用例など、PDPの新しい可能性を見ることができる。

(Phile-web編集部)