シャープ製プラズマテレビ2機種に不具合

2002年10月29日
緑色の「●」シールが貼られている商品は問題ない
●シャープ(株)は、同社のBSデジタルハイビジョンプラズマテレビ「PZ-50BD3」と「PZ-43BD3」のチューナー部において一部の製品に不具合があることを発表した。

この不具合は、きわめて稀に使用中に十数秒間白い蒸気が出ることがあるというもので、チューナー部に使用している抵抗器の一部に不具合品が混入したためとのこと。発煙ではないので発火等の危険は無いという。

なお、本体背面の型名表示の右横に緑色の「●」シールが貼り付けされている商品は問題が無いとのことだ。本件に関する問い合わせなどは以下のリンクを参照してほしい。
(Phile-web編集部)