松下、ユーザーの要望を採り入れたオリジナルプラズマテレビ台2機種を発売

2002年10月25日
<左>「PW-1000-N」 <右>「PW-2000-N」
●松下ネットワークマーケティング(株)は、「プラズマテレビのある暮らし」をテーマにしたサイト 『プラズマライフ(PLASMA LIFE)』上でユーザーの意見や要望などを取り入れ商品化したオリジナルのプラズマテレビ台「PW-1000-N」と「PW-2000-N」の先行予約販売を同サイトにて開始する。

予約受付の開始は本日(10月25日)より開始し、11月25日の発売を予定している。

製品の詳細は以下の通り。

■「PW-1000-N」インテリアシェルフ(ウォールタイプ)
 ○パナセンス販売価格 95,000円(税別)
 ○外形寸法:1802W×1472H×450D mm ○質量約73.5kg

プラズマテレビの薄さを活かし、省スペースでホームシアターを手軽に実現する壁寄せ薄型ウォールタイプ。壁面を傷つけることなく機能的な演出が可能だ。材質はシカモア(カエデ木目柄)で塩ビ材仕上げとなっている。


■「PW-2000-N」モダン和風ボード(フロアタイプ)
 ○パナセンス販売価格 95,000円(税別)
 ○外形寸法:1802W×1472H×450D mm ○質量約73.5kg

床にすわったままリラックスして、また優雅にプラズマテレビを楽しめるフロアタイプ。全高280mmのローアングルで心地よい空間を創出する。ダークブラウン・ウレタン塗装されたナラ柾目突き板を使用している。

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドPANASONIC
  • 型番本文を参照
  • 発売日11月25日
  • 価格本文を参照