ケンウッド、米国内関連会社4社の経営統合を発表

2002年10月15日
●(株)ケンウッドは、同社が日本市場と同等の最重要市場と位置づける米国市場において、スピーディに最適なサービスを提供するため、米国内関連会社における経営統合を行うと発表した。内容は以下の通り。

<現行会社>
K-USA(ケンウッドUSA9[音響機器販売]
K-CC(ケンウッド・コミュニケーションズ)[通信機器販売]
K-SVC(ケンウッド・サービス)[サービス会社]
K-SI(ケンウッド・システムズ)[通信機システム]
KAC(ケンウッド・アメリカ)[ホールディングカンパニー]

<11月1日統合以後>
K-USA (ケンウッド・USA)

今回の統合は同社が今年の7月11日に発表した「抜本再建計画アクションプラン」に基づくものであり、これによって同社の経営がこれまでより一層効率化されるとしている。また同社は、結果として年間約$120万の経費削減を見込んでいる。

(Phile-web編集部)