ソニー、周辺回路を一体化した3.8型低温ポリシリコン液晶ディスプレイを開発

2002年10月03日
●ソニー(株)は、低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイの表示に必要な周辺回路を全て液晶基板内に組み込んだ、3.8型の液晶ディスプレイを開発した。
 
この技術により、モバイル機器に搭載する液晶ディスプレイのさらなる小型化や高精細化、低消費電力化が可能となる。

本開発品では、ガラス基板上への回路の一体形成をさらに進展させ、液晶駆動用回路のみならず、タイミングジェネレータなど画面表示に必要な7つの周辺回路全てを、ディスプレイと同じガラス基板上に同時形成した。これにより、外部から画像表示データとデータ制御信号および電源を供給するだけで映像を表示することが可能となった。

周辺回路をディスプレイと一体化させることにより、応用製品の製造においては、部品点数が 削減され、組み立ての簡便化と信頼性の向上、小型化などが可能になる。また、TFTの高性能化により、回路の低電源電圧化が可能となり、駆動部を含めたディスプレイデバイスとしての消費電力(バックライトは含まず)を約10%削減した。

本開発品は、エスティ・エルシーディ(株)(本社・愛知県知多郡東浦町)において2002年度第4四半期から量産、出荷を開始する予定。(Phile-web編集部)


関連リンク