デノン、「DENON Link」SECOND EDITIONを同社のフラグシップモデルに搭載

2002年10月03日
●(株)デノンは同社のDVDオーディオ/ビデオプレーヤー「DVD-A1」、AVサラウンドアンプ「AVC-A1SR」の両フラグシップモデルに、モデル間のデジタル伝送を強力にサポートするDENON独自のデジタルインターフェースである「DENON Link」のSECOND EDITIONを新たに開発、搭載すると発表した。

今回の新しい接続方式を採用したことにより、DVD-Audioが持つ192kHz/24bitの最高品位2チャンネルデジタル信号をはじめ、PCMによるマルチチャンネル信号まで、高品位なデジタル伝送が可能となる。機器どうしの接続は「DENON Link」SECOND EDITIONの1本だけで、両モデルの持つ最高レベルのパフォーマンスを発揮させることができ、常に最高の音質でデジタルソースの再生が楽しめる。

両モデルには来月11月から「DENON Link」SECOND EDITIONが搭載される。また既に両モデルを使用するユーザーには「DENON Link S.E.対応 アップグレード」の実施も予定していると言うことだ。

(Phile-web編集部)