≪CEATEC≫−三菱電機− ウェアラブル・ディスプレイ、超MPEG圧縮技術など

2002年10月01日
<左>会場内にはDLPリアプロジェクションモニターも鎮座 <右>9.8Mbpsのハイビジョン映像再生デモ
●三菱電機ブースは、各種デバイスやIP電話など、オーディオ・ビジュアル以外のジャンルに注力している印象。

その中で一際注目を集めていたのが、「MPEG超圧縮技術」と名づけられたテクノロジーだ。様々な工夫を盛り込むことにより、9.8Mbpsでクリアなハイビジョン映像をエンコードすることに成功した。実際の映像を見ても、現行DVDと大差ないビットレートで記録されたものとは思えないほど精緻で、実用化に期待を抱かせる。この技術を使えば、現行DVDへのハイビジョン記録も十分実用レベルに達しそうだ。

(Phile-web編集部)