ソニー、テレビ番組を自動録画するチャンネルサーバー『CSV-S57』を発売

2002年09月30日
チャンネルサーバー『CSV-S57』
●ソニー(株)は、ジャンルやキーワードなどの好みの設定をすることで、テレビ番組を自動録画するチャンネルサーバー『CSV-S57』を11月1日に発売する。価格はオープンだが8万円前後での販売が予想される。

本製品は、あらかじめ登録してあるキーワードやジャンル、時間帯のなかからユーザーが好みのものを選択・設定することで、電子番組表(EPG)の文字情報から該当するテレビ番組を検索、自動録画する「おまかせ・まる録」機能の搭載により、自分の好みに近いテレビ番組の自動録画が可能だ。この機能の設定では、スポーツやドラマといったジャンルに、新たに詳細な設定ができるサブジャンル(野球やサッカーなど)を選択できるようになり、5種のジャンルに36種のサブジャンルを追加した合計41種の番組ジャンルと24個のキーワード、4つの時間帯を組み合わせることができる。

画質面では、映像の動きにあわせて録画時のビットレートをリアルタイムで自動的に割り当てる「VBR(Variable Bit Rate)」技術を搭載し、動きの速い映像は高いビットレートが割り当てられるため、滑らかな映像を再現可能だ。

またネットワーク面では、ホームページ「カモン!マイキャスター」にサービス登録することにより、携帯電話やパソコンを使いインターネットへアクセスすることで、外出先からチャンネルサーバーへの録画予約などが行える「@録画予約」機能を利用することができる。さらに、「おまかせ・まる録」の設定に使用するキーワードを月に1回、旬の話題や季節を反映したものに更新する「キーワード更新」サービスやソフトウエアのバージョンアップによる機能追加などの新しいサービスを随時提供していくという。

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSONY
  • 型番CSV-S57
  • 発売日2002年11月1日
  • 価格\OPEN(予想実売価格 8万円前後)
【SPEC】
●信号方式:NTSCカラー ●録画方式:MPEG2 ●録音方式:MPEG1(LAYER2) ●最大録画時間:SP 約25時間、LP 約40時間、EP 約55時間 ●受信チャンネル:VHF:1−12ch、UHF:13−62ch、CATV:C13−C35 ●アンテナ入出力端子:VHF/UHF1軸75ΩF型コネクター ●出力端子(映像・音声):コンポジット映像2系統、S映像2系統、アナログ(L/R)音声2系統 ●入力端子(映像・音声):コンポジット映像2系統、S映像1系統、アナログ(L/R)音声2系統 ●電源電圧:AC100V、50/60Hz ●消費電力:約27W ●外形寸法:430W×77H×326Dmm ●質量:約4.5kg ●ハードディスク容量:80GB(増設時160GB)