TDK、高輝度のカラー無機ELデイスプレイを開発

2002年09月26日
●TDK(株)は、無機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)ディスプレイ開発において、輝度(白色)200cd/m2を超える小型カラーディスプレイを開発した。これにより小型カラー無機ELディスプレイの実用化も可能となった。

このディスプレイは、カナダのアイファイヤー・テクノロジー社との技術提携をベースに、同社が独自に開発した青色を含む高輝度新組成蛍光体材料を採用する事により開発に成功したものだ。無機ELディスプレイは、これまでにもカラー化が試みられていたが、青色蛍光体が完成せず商品化には至っていなかった。

今回の開発では構造、材料を再度見直し、独自の最適化手法により高画質小型カラーデイスプレイを実現した。今後さらなる開発を進め、早期の小型カラーディスプレイ商品化を目指しているという。

なお、この小型カラー無機ELディスプレイは、10月1日より幕張メッセ国際展示場で開催される「CEATEC JAPAN 2002」に参考出展される予定だ。
(Phile-web編集部)
  • トピック
  • TDK

関連リンク

関連記事