オンキヨー、DVD搭載の2.1chマイクロコンポ〜3chのオプションSPも発売

2002年09月24日
<左>BASE-DR7 <右>D-M3
●オンキヨー(株)は、DVDプレーヤーを内蔵したマイクロコンポ 「DR7」を10月1日より発売する。本システムは、プレーヤー部と2.1chスピーカーシステムをパッケージングした「BASE-DR7」(\85,000)と、オプションの3chスピーカーシステム「D-M3」(¥OPEN、予想実売価格2,500円前後)より構成される。

「BASE-DR7」は、DVDコントローラー部と、6chアンプを搭載したサブウーファー部、コンパクトなスピーカーシステム2台を組み合わせたモデル。DVDプレーヤー部はプログレッシブスキャンに対応し、D2端子を備える。MPEG-2 AAC、ドルビープロロジックIIなど、様々なサラウンドフォーマットのデコードにも対応している。なお、バーチャルサラウンド機能も搭載している。

「BASE-DR7」には同社全製品に共通するシステムコントロールケーブルRiケーブルを装備しているため、MDデッキやオーディオCDレコーダーなどオプション録音機器とも連動が可能。既存のシステムコンポのような感覚で使用できる。

「D-M3」は、BASE-DR7を5.1chサラウンドシステムに発展させるオプションスピーカーシステム。BASE-DR7のスピーカーシステム部と同仕様のユニットやキャビネットを採用したので、自然な音のつながりを実現できそうだ。(Phile-web編集部)




関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドONKYO
  • 型番BASE-DR7
  • 発売日10月1日
  • 価格¥85,000
【SPEC】
■DVDコントローラー〈DVDプレーヤー部〉
●消費電力:27W(電気用品安全法技術基準)●寸法:155W×173H×290Dmm ●質量:3.5kg ●映像出力:D2端子1/S端子1/コンポジット端子1 ●音声入力:デジタル端子1(TV/LINE)/アナログ端子3(TV/LINE、MD/TAPE、CDR/VIDEO) ●音声出力:デジタル端子2(光)/アナログ端子2(MD/TAPE、CDR/VIDEO)/5.1chアナログ出力端子1/ヘッドホン端子1

■フロントスピーカー
●形式:フルレンジ・バスレフ型 ●ユニット:8cmOMFダイヤフラム ●定格インピーダンス:6Ω ●最大入力:40W ●定格周波数範囲:80〜25kHz ●外形寸法:102W×210H×142Dmm(サランネット、ターミナル突起部含む)●質量1.1kg(1台)

■6chアンプ内蔵サブウーファー
●形式:6chアンプ内蔵Jドライブ型  ●ユニット:16cmOMFダイヤフラムウーファー×1 ●音声入力:5.1chアナログ端子1(フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サブウーファー)●実用最大出力:15W×5ch(フロントL/R&センター&サラウンドL/R、1kHz・6Ω/EIAJ)、25W(サブウーファー、100Hz・3Ω/EIAJ) ●サブウーファー再生周波数範囲:35〜150Hz ●消費電力:46W ●外形寸法:185W×299H×312Dmm ●質量:8.0kg

  • ブランドONKYO
  • 型番D-M3
  • 発売日10月1日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格2,500円前後)
【SPEC】●形式:フルレンジ・密閉型 防磁式 ●ユニット:8cmOMFダイヤフラム×1 ●定格インピーダンス:6Ω ●最大入力:40W ●定格感度レベル:80dB/W/m ●定格周波数範囲:100〜25kHz ●外形寸法:85W×120H×112Dmm(サランネット、ターミナル突起部含む) ●質量:0.6kg(1台)