いよいよ明日から「ソニードリームワールド」開催!-見所紹介レポート・その3-

2002年09月13日
左:SACD/DVDプレーヤーの新製品が参考展示されている 右:SACDカーオーディオシステムを実車で体験できる
●ソニーグループの統合イベント「Sony Dream World 2002」がいよいよあす9月14日(土)、あさって15日(日)の2日間に渡りパシフィコ横浜で開催される。本日は一般公開に先駆けて、イベントの全容がプレス向けに公開された。

「エレクトロニクス オン サービス ゾーン」の「オーディオ&DVD」コーナーでは、同社のSACD/DVDプレーヤーのフラグシップモデル「DVP-S9000ES」の次世代機と思われる製品が参考展示されていた。本機は14bit108Mhzノイズ・シェイプド・ビデオD/Aコンバーターを搭載、SACDマルチ再生にも対応し、DVD-RWの再生も可能だ。価格、発売時期に関しては、今のところ一切未定であるということだ。また本機のとなりには兄弟機となるハイCPモデルのSACD/DVDプレーヤーの新製品が、こちらも参考出品のかたちで展示されてあった。本機は12bit108MHzビデオD/Aコンバーターを搭載し、SACDマルチ再生に対応する。

「オーディオ&DVD」コーナーではまた、SACDカーオーディオシステムや、世界初の1bitデジタルアンプ搭載カーAVシステム「MEX-5DI」が体験できる実車も展示されている。

(Phile-web編集部)