パナソニック、MP3対応ポータブルCDプレーヤー2機種を発売

2002年09月09日
左『SL−CT800』/右『SL−CT700』
●松下電器産業(株)は、MP3再生に対応したコンパクト・長時間再生のポータブルCDプレーヤー『SL−CT800』と『SL−CT700』を10月1日より発売する。価格は両製品ともオープンだが、『SL−CT800』は\18,000前後、『SL−CT700』は\15,000前後での販売が予想される。

『SL−CT800』は、MP3形式だけでなくWMA(Windows Media Audio)形式で記録されたCD−R/RWの再生に対応しており、また最高で約120時間(*1)の連続再生が可能となっているので、数枚のディスクで長時間音楽を楽しむことができる。また本機は、簡単に充電が可能な「マグネットタッチアダプター」や、動作状況が3色の光でわかる「キーイルミネーション」を採用し、操作性を向上させている。耐振機能「アンチスキップシステム」の搭載も見逃せない。シンプルCDフォルムデザインを採用した小型軽量ボディの本製品は、シルバーとブラックの2色が用意されている。

『SL−CT700』は、WMA形式には対応していないものの、MP3形式で記録されたCD−R/RWの再生が可能で、最高約85時間(*1)の連続再生を実現している。カラーは4タイプあり、どのカラーもスッキリとした爽やかな印象だ。機能は『SL−CT800』にも採用の「キーイルミネーション」を採用し、「アンチスキップシステム」も搭載している。
(Phile-web編集部)

*1:付属角型充電式電池と別売単3形アルカリ乾電池併用時でMP3再生時として
新着記事を見る
  • ブランドPANASONIC
  • 型番SL−CT800
  • 発売日2002年10月1日
  • 価格\OPEN(予想実売価格 \18,000前後)
  • ブランドPANASONIC
  • 型番SL−CT700
  • 発売日2002年10月1日
  • 価格\OPEN(予想実売価格 \15,000前後)