国内初!192KHz/24bitのDVD-Audioソフトが作成できる低価格オーサリングツールが登場

2002年09月06日
DigiOnAudio
●(株)デジオンは、DVD-AudioやDVDビデオの作成までを一括して行える統合型DVDオーディオマスタリングソフト「DigiOnAudio(デジオン オーディオ)」を10月11日より発売する。価格は12,800円。

本ソフトは最高192kHz/24bitでの録音・再生に対応したDVD-Audioディスクの作成が可能。サンプリングレートは8kHz〜192kHzまで対応している。また、DVD-Video形式での書き込みにも対応し、96kHz/24bit のサンプリングレートで収録すれば、オーディオ用CDを超えるクォリティを家庭のDVDプレーヤーなどで楽しめる。

DVD-Audio、DVD-Video形式ともに、アルバム名や曲名、アーティスト名などを元にしたメニュー作成にも対応しており、任意の画像をメニューに取り込むこともできる。

もちろん、豊富なマスタリング機能を使用してリミックス・ノイズ除去・音質・音量調整も行うこともできる。

扱える音声フォーマットは、WAVEやMP3はもちろん、mp3PRO、Ogg Vorbis、WMAなどにも対応。フォーマットのコンバートも一括で行うことができる。(Phile-web編集部)

新着記事を見る
  • ブランドDIGION
  • 型番DigiOnAudio
  • 発売日10月11日
  • 価格¥12,800
【動作環境】●対応O: Windows 98 SE/Me/2000 Professional/XP ●CPU:Celeron 600MHzまたはPentiumIII 500MHz以上、PentiumIII 1GHz以上を推奨 ※プレーヤー機能のみを使用の場合:MMX(TM) Pentium 233MHz以上、Pentium II 266MHz以上を推奨 ●メモリ:128MB以上、256MB以上を推奨 ※プレーヤー機能のみを使用の場合:64MB以上、96MB以上推奨