オーディオ評論家各氏が絶賛!赤坂工芸音研の高音質CDはPhile-webからご購入下さい

2002年09月02日
Phile-web愛読者の皆様にまたもや、耳より新コンテンツの登場をお知らせ致します!

音元出版の「季刊・オーディオアクセサリー」において、斎藤宏嗣氏をはじめとするオーディオ評論家各氏から絶賛を受ける赤坂工芸音研の高音質CDを、Phile-webから直接購入いただけるようになりました!

赤坂工芸音研の高音質CDでは、ジャズからクラシックまで、高音質にこだわり抜いた魅力の各タイトルを販売中です。Phile-webの販売ページではそれぞれの作品のサンプル音源を試聴することもできます。ぜひこの完成度の高い音楽を手にとってお楽しみ下さい!

【赤坂工芸音研の魅惑の各タイトルをご紹介】
======================================
【うたうバンジョー弾きです/永生元伸】
======================================
長年、薗田憲一とデキシーキングスに在席するバンジョーの永井元伸のリーダー・アルバム。選曲は多彩で、スタンダード/ポピュラー/イタリア民謡、そして出身地の津軽三味線に思いを寄せる自作の「だんぶり」まで、十二分にリスナーを楽しませ、驚かせる。バックはチューバを含むデイキシー編成が中心で、華やかに盛り上げる。特に大リーグ賛歌の「私を野球に連れて行って」は最高の仕上がり。石渡義夫さんの赤坂にある自宅スタジオにて録音された。オーディオ品位は抜群。
(オーディオ評論家・斎藤宏嗣)
=======================================
=======================================
【Romance.....To The Tenor Giants/
Tanabe Nobuo and East Winds】
=======================================
名サックスプレーヤー、田辺信男の久々のリーダーアルバム。彼の円熟したテナーサックスを大橋高志のピアノ、小林真一のベース、八城邦雄のドラムスという強力なバックがサポートする。温かいサックスチューンを中心とした構成と、ジャージーなプレゼンスがオールドファンの心を掴む。収録はライブネスに満ちたホールを設定。サックス音像を中央に捉え、ステレオ感に溢れたバックと音像を添える。
(オーディオ評論家・斎藤宏嗣)
========================================
========================================
【CHANSON POUR MA MIE(愛する人への歌)/下地啓二 】
========================================
ジャズ録音のスペシャリストというイメージが定着しているエンジニアの石渡義夫さんだが、クラシック録音にも造詣が深い。本アルバムは、ソプラノ及びアルト・サキソホンの下地啓二、ピアノの下地淳子による、クラシックの名曲アルバム。収録場所の山梨県都留文化ホールのライブネスを背景に艶やかで伸びやかに綴られる美しいサウンド。オーディオ・ソースとしても一級だが、癒しやイージーリスニングとしても楽しめる。
(オーディオ評論家・斎藤宏嗣)
========================================
========================================
【Blues my naughty sweetie gives to me/
"Dixieland Fellows" featuring George Probert】
========================================
遙かなるジャズの黎明期、そこには軽妙なディキシーランド・ジャズがあった。現在では復刻版のみで楽しむことの多いジャンルに驚異的な品位の本アルバムが登場した。バロックとディキシーをこよなく愛する筆者にとっても新録音のCDの登場は何よりの福音。そして、あのジョージ・プロパードをゲストに我国の誇るディキシー・プレーヤが集うオールスター編成である。ボリュウムを上げれば原寸大のステージが眼前に再現される。
(オーディオ評論家・斎藤宏嗣)
========================================
========================================
【ROCKIN' IN RHYTHM/SWING FACTORY】
========================================
クラリネットの後藤雅広を中心にヴィブラホン、ピアノ、ベース、ドラムス、というオーソドックスなベニー・グッドマン・スタイルのクインテットによる軽快なスイング・アルバム。スイングの名曲を生演奏を思わせるリアルなレコーディング・パターンで綴った圧倒的なHi-Fi盤は、オーディオ・マニアのリファレンス・ソースとしても貴重な存在であろう。エンジニア〜石渡義夫さん会心のスイング・アルバム、と紹介したい。
========================================

(Phile-web編集部)