日立、高輝度・軽量を実現した液晶プロジェクター2機種を発売  

2002年08月28日
CP-X327J
●日立製作所ユビキタスプラットフォームグループは、高輝度・軽量を実現した液晶プロジェクター「CP−X327J」、「CP-S317J」の2モデルを発売する。両製品の発売日と価格は以下の通りだ。

■CP-X327J:\498,000/10月10日発売
■CP-S317J:\398,000/10月25日

今回の新製品は、0.7型の高開口率透過型液晶パネルを使用。高出力150Wランプの採用と光学レンズの最適化により、「CP−X327J」においてはXGAリアル対応ながら明るさ1700ANSIルーメンを、「CP−S317J」ではS-VGAリアル対応で明るさ1500ANSIルーメンの高輝度を実現した。

また明るさを向上させる一方で、本体の質量も2.7kgと軽量化に成功した点も特徴だ。プレゼンテーションにおける機動性も大幅に向上した。また「水平・垂直キーストン補正機能」を採用し、スクリーン正面に設置できない場所での使用範囲も大きく広げた。

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドHITACHI
  • 型番本文を参照
  • 発売日本文を参照
  • 価格本文を参照
【SPEC】(「明るさ」のほか、両機種共通)
●投射方式:3原色透過型液晶パネルx3枚、1レンズ、3原色光シャッター方式
●明るさ:1700ANSIルーメン(X327J)、1500ANSIルーメン(S317J)
●RGB入力:アナログRGBx2(15ピンミニD-Sub)
●ビデオ入力:コンポーネントx1、コンポジットx1、Sx1
●音声入力:RCAピンジャックx1
●RB出力:アナログRGBx1(15ピンミニD-Sub)
●コントロール端子:15ピンミニD-Subx1
●消費電力:240W
●外形寸法:295Wx76Hx231Dmm
●質量:2.7kg

関連記事