三菱、BS110度CSデジタルハイビジョンテレビ、D3端子搭載ワイドテレビを発売

2002年08月08日
左から:36F−BD402、32F−BD402、32T−D302S、28T−D302S
●三菱電機(株)はホームシアターを手軽に家庭で楽しめる36型、32型BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ「新DIAシリーズ」2機種と、32型、28型D3端子搭載ワイドテレビ2機種を発売する。

今回の各新製品では、画質・音質共に基本性能を大きく向上させた。「28T-D302S」を除く各モデルでは、新広帯域ドライブ、新広帯域SVM回路を搭載し、ハイビジョン映像にメリハリのある高精細な映像再現を実現した。現行放送や、ビデオ、DVDなどの走査線525本(525i)インターレースの映像を、ハイビジョン並みの走査線数である1050本(1050i)インターレースの緻密な映像で再現するデジタル50億ポイント処理により、高精細で動きボケの少ないスムースな画質を楽しめる。

また音質面では多彩な音声フォーマットに対応。各種5.1ch対応サラウンドアンプを内蔵し、高音質サラウンドを獲得した。「SDメモリーカードスロット」を搭載し、デジカメやデジタルビデオカメラで撮影した静止画像、PCよりダウンロードした音楽などを本製品で楽しむことができる、多機能TVだ。
(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドMITSUBISHI
  • 型番下記参照
  • 発売日下記参照
  • 価格下記参照
【SPEC】
36形デジタルハイビジョンテレビ(BS・110度CS)36F−BD402 10/1発売 ¥OPEN(278,000円前後)
32形デジタルハイビジョンテレビ(BS・110度CS)32F−BD402 10/1発売 ¥OPEN(228,000円前後)
●面アスペクト比:16対9
●スピーカー:フルレンジ8 ×12cm 左右×1 個 計2個
●音声出力(外部出力端子付):17W +17W(5.1 ch 出力時最大43W )
●サラウンド対応:AAC5.1ch、DOLBY DIGITAL、Tru Surround、DTS
●入出力端子:ビデオ入力x3系統3端子(前面1系統1端子)、S映像入力端子x3系統3端子(前面1系統1端子)、D端子入力端子xD4端子2系統2端子、ビデオ出力端子x1系統1端子、S映像出力x1系統1端子、デジタル音声入力x(光)2系統、BS デジタル音声出力、i.LINK端子(IEEE1394)x2端子、モジュラー端子(電話回線)2400bps
●外形寸法:855Wx606x594mm(36型)、750x537x543mm(32型)
●質量:71.0kg(36型)、53.1kg(32型)

32形 D3端子搭載ワイドテレビ32T−D302S 9/10発売 ¥OPEN(118,000円前後)
28形 D3端子搭載ワイドテレビ28T−D302S 9/10発売 ¥OPEN(79,800円前後)
●面アスペクト比:16対9
●スピーカー:フルレンジ5 ×9cm 2個
●入出力端子:D3端子x2系統2端子、ビデオ入力x3系統3端子(前面1系統1端子)、S映像入力端子x3系統3端子(前面1系統1端子)、ビデオ出力端子x1系統1端子
●外形寸法:750x537x543mm(32型)、675Wx498x487mm(28型)、
●質量:51.1kg(32型)、38.4kg(28型)