日立、「LS2記録モード」搭載のデジタルハイビジョンビデオを発売

2001年12月19日
デジタル高画質映像を長時間録画できる「LS2記録モード」を搭載
●日立製作所 デジタルメディアグループは、BSデジタルチューナー内蔵プラズマテレビ等と接続してデジタル高画質映像を長時間録画できる「LS2記録モード」を搭載した D−VHSデジタルハイビジョンビデオ「DT−DRX100」を 2002年 1月25日より発売する。

今回発売する「DT-DRX100」は、2001年9月に同社から発売された普及価格帯のD−VHSビデオ「DT-DR1」の上位モデルであり、BSデジタルハイビジョン放送の高精細映像をデジタル信号のまま記録するHSモードに加え、STDモードに迫る高画質で効率よく長時間記録が可能なLS2モードを搭載。録画ソースにあった記録モードが選択できる。

また「DT-DRX100」は「デジタルGRT(ゴーストリダクションチューナー)」や「VSS2(入力TBC:ビデオシグナルスタビライザ2)」などの高画質化回路と高性能MPEG2エンコーダーにより、地上波放送や外部入力されたアナログ信号もデジタル変換し、より安定した美しい映像で記録する。さらに、音声記録には非圧縮「リニアPCM音声」記録方式(MPEG2エンコーダーによるHS/STD/LS2モード記録時に対応)を採用し、従来よりも“奥行き感”“臨場感”のある豊かでダイナミックな音声再生を楽しむことができる。

日立製作所では、BSデジタルハイビジョン放送をはじめとしたデジタル放送時代に対応すべく、ハイビジョンプラズマテレビを中心にD−VHSビデオなど次世代デジタル機器の市場拡大にますます積極的に取り組む姿勢を明らかにしている。(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドHITACHI
  • 型番DT−DRX100
  • 発売日2002年1月25日
  • 価格\150,000
【SPEC】●使用カセット:D-VHS/S-VHS/VHS ●方式:回転2ヘッドヘリカルスキャンD-VHS方式(MTP)/VHS方式(NTSC準拠) ●テープ幅:12.7mm ●テープ速度:標準モード33.4mm/秒、3倍モード11.1mm/秒、HSモード33.4mm/秒、STDモード16.7mm/秒、LS2モード8.3mm/秒、LS3モード5.6mm/秒 ●録画再生時間:標準モード3時間30分、3倍モード10時間30分(T-210使用時)、HSモード4時間、STDモード8時間、LS2モード16時間、LS3モード24時間(DF-480使用時) ●巻き戻し時間:約83秒(T-120使用時) ●ヘッド数:12個 ●VHF出力:1/2チャンネル切換可能 ●受信チャンネル:VHS1〜12ch、UHF13〜62ch、CATV13〜63ch ●映像入力:D端子/1系統 輝度信号:1.0Vp-p 75Ω不平衡 CB,CR信号:0.7Vp-p 75Ω不平衡 S映像端子/3系統 輝度信号:1.0Vp-p 75Ω不平衡 色信号:0.286Vp-p 75Ω不平衡 映像端子/3系統 1.0Vp-p 75Ω不平衡 ●映像出力:D端子/1系統 輝度信号:1.0Vp-p 75Ω不平衡 CB,CR信号:0.7Vp-p 75Ω不平衡 S映像端子/2系統 輝度信号:1.0Vp-p 75Ω不平衡 色信号:0.286Vp-p 75Ω不平衡 映像端子/2系統 1.0Vp-p 75Ω不平衡 ●音声入力:3系統 -7.8dBs(316mVrms)ハイインピーダンス ●音声出力:3系統 -7.8dBs(316mVrms)ローインピーダンス ●i.LINK端子:2系統 4ピン S400 MPEG2-TS信号 ●外形寸法:435W×107H×357Dmm ●質量:5.7kg ●消費電力:約32W(待機時:約9W) ●電源:AC100V 50/60Hz共用