松下、SDメモリーカード対応のマルチカメラとモバイルプリンターを発売

2001年12月18日
<左>SV-AV10 <右>SV-P10
●松下電器産業(株)は、SDメモリーカードに動画と静止画の記録・再生、音楽の再生、音声の記録・再生が可能なSDマルチカメラ「SV−AV10」と、SDメモリーカード&マルチメディアカードスロットを搭載した業界最小最軽量のSDモバイルプリンター「SV-P10」を1月20日より発売する。価格はいずれもオープン。

SDマルチカメラ「SV−AV10」は、携帯電話とほぼ同サイズで(幅28×高さ50×奥行87mm)持ち運び便利な大きさを実現。2型の液晶モニターを搭載し、動画と静止画の記録・再生が行える。また、ICレコーダーのように使えるボイス録音機能と、SDメモリーカードに記録されたAACの音楽再生機能も搭載している。

動画はMPEG4で記録し、画質モードはファイン、ノーマル、エコノミー1、2の計4モードを用意。ファインのみ320×240ドット、そのほかは176×144ドットのサイズとなる。AV入力機能を備え、他のアナログ映像機器からの映像を録画することも可能。2002年1月に発売される512MBのSDメモリーカードを用いれば、ファイン時で約2時間40分、エコノミー2時で約11時間20分の記録が行える。静止画記録の画素数はVGAで、こちらは3つの画質モードを備える。フラッシュを搭載し、暗所での撮影も行えるのも魅力的だ。

気になる充電池の持続時間だが、静止画の場合は約1,200枚の撮影が可能と、十分な性能を誇る。ただし動画の場合は記録・再生とも約1時間で電池が尽きるので、長時間の使用にはAC電源が欠かせないだろう。

SDモバイルプリンター「SV-P10」は手帳サイズ(幅85×高さ30×奥行き68mm)を実現。SDメモリーカード&マルチメディアカードスロットを搭載し、静止画のプリントが行える。AC電源とバッテリーパック(付属)の2つの電源に対応し、外出先などで撮影した静止画をその場でプリントすることが可能。また、USB接続端子を搭載しているので、パソコンに保存している映像もプリントできる。

プリントは熱溶融記録方式で行う。多階調を実現する独自のドット径階調記録方式により、解像度203dpiの高画質を実現した。また、独自のオーバーコート技術により、保存性に優れた高画質プリントが可能。フル充電時には、連続約45枚のプリントが行える。さらに、将来を見越して最大2500万画素(6,144×4,096ドット)の画像データの入力に対応している。(Phile-web編集部)

新着記事を見る
  • ブランドPANASONIC
  • 型番SV-AV10
  • 発売日1月20日
  • 価格¥OPEN
【SPEC】●記録メディア:SDメモリーカード、マルチメディアカード ●撮像素子:1/4型 C-MOSセンサー 総画素35万 ●レンズ:F3.6 f4.16 ●最短撮像距離:レンズ前面より50cm ●モニター:2型液晶モニター(11万画素) ●外形寸法:28W×50H×87Dmm ●質量:約98g
  • ブランドPANASONIC
  • 型番SV-P10
  • 発売日1月20日
  • 価格¥OPEN
【SPEC】●記録方式:熱溶融型ドット径階調方式 ●記録ドット密度:203dpi×203dpi ●フォーマット:SD-Picture、Exif、DCF、CIFF、SISRIF、JFIF ●画像形式:JPEG、TIFF ●対応画素数:80×60〜6144×4096 ●プリント時間:約70秒 ●外形寸法:85W×30H×68Dmm ●質量:約185g