ソニー、ワイヤレスLAN機能を備え12.1型液晶を搭載した“エアボード”新モデル

2001年12月12日
●ソニーマーケティング(株)は、パーソナルITテレビ“エアボード”の第2世代機『IDT-LF2』を1月25日より発売する。価格はオープンだが、実売予想価格は13万円前後。

“エアボード”は、「ベースステーション」と「タッチパネル機能付き液晶モニター」をワイヤレスでつなぎ、テレビ・外部ビデオ・インターネット・電子メール・フォトアルバムなどが楽しめるマルチエンターテインメント機器。

1年ほど前に発売された初代機では10.4型だった液晶モニター部が、本機では12.1型に大型化した。また、付属バッテリーの持続時間が最大2時間に向上し、標準的な映画なら1本まるまる視聴できるようになった。さらに、新たにクレードル(充電台)を付属し、充電のわずらわしさが軽減したのも見逃せないポイントだ。

本機の大きな特徴が、「ワイヤレスLAN接続機能」の搭載だ。PC用のワイヤレスLAN機器が人気を博しているのはご承知の通りだが、その機能をそのままベースステーションに搭載した。パソコンとエアボードのモニター部を同時にベースステーションと接続し、両方同時にインターネット接続することもできる。特にノートパソコンユーザーは重宝しそうだ。ちなみに、本機のワイヤレス通信はIEEE802.11b方式で、一般的なワイヤレスLAN機器と同様となっている。

ベースステーションにはアナログ電話回線端子と10BASE-Tイーサネット端子の両方が装備されており、ナローバンド/ブロードバンドどちらのユーザーもインターネットにつなげられる。

さらに、ベースステーションにはUSB端子も装備。主な用途はプリンターの接続で、ベースステーションにはエアボード対応プリンターのドライバが既にインストールされている。モニター部の印刷ボタンを押すだけで、離れたところからでも印刷することができる。

このほか、付属のスタイラスペンを使って写真の加工が行えたり、アルバム機能が動画対応になったりと、フルモデルチェンジによって機能がますます磨かれた。様々なメディアをワイヤレスで一括操作できるよろこびを、ぜひ体感してみてほしい。(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSONY
  • 型番IDT-LF2
  • 発売日1月25日
  • 価格¥OPEN(実売予想価格13万円前後)
【SPEC】●TV受信方式:NTSC方式 ●TV受信チャンネル:VHF: 1〜12ch UHF:13〜62ch CATV:C13〜C35 ●画面寸法:12.1型 ●表示方式:透過型TN液晶パネル ●駆動方式:TFT(薄膜トランジスタ)アクティブマトリクス駆動方式 ●有効画素数:水平800ドット×垂直600ライン ●入出力端子:<ベースステーション>VHF/UHF端子×1(VHF/UHF 75Ω F型コネクター)ビデオ入力×2(映像:ピンジャック×2、音声:ピンジャック×2)S映像入力×1、ビデオ出力×1(映像:ピンジャック×1、音声:ピンジャック×1)、電話回線…モジュラージャック×1、ETHERNET…10BASE-T×1、DC-IN 13.5V、AVマウス出力…ミニジャック×1、USB端子×1(プリンター接続用) <モニター>メモリースティックスロット×1、ヘッドホン端子…ステレオミニジャック×1、キーボード端子×1(PS/2)、DC-IN13.5V、USB端子×1(拡張用) ●Webブラウザ:HTML HTML3.2 (HTML4.0の一部)、フレーム対応、JavaScript、SSL(V2/3)、Flash Ver.5.0 ●アルバム:対応ファイル:GIF、JPEG、BMP、PNG、MPEG1 ●日本語入力:POBox、ATOK for airboard ●無線部:変調方式…DS-SS、準拠規格…IEEE802.11b準拠 ●モデム:56kbpsモデム(V.90準拠) ●ユーザーメモリー:約8MB ●バッテリー使用可能時間:バックライトの明るさ(最小)2時間(中)1.5時間(最大)1時間 ●バッテリー充電時間:モニターオフ時…約4時間30分、モニターオン時…約7時間 ●質量:ベースステーション…約1.2kg、モニター…約2.1kg(付属バッテリ-を含む)、クレードル…約240g ●最大外形寸法:ベースステーション…260W×130H×170Dmm モニター…368W×242H×52Dmm