ケンウッドの新提案! 薄型ノートPCと本格オーディオを融合させた「AVENUE」登場

2001年11月28日
オーディオ部のデザインが目を引く
●(株)イーヤマと(株)ケンウッドは、軽量・薄型のノート型PCと高音質の本格オーディオをドッキングさせたパーソナルコンピューターシステム「AVENUE(アベニュー)」を2002年2月より発売する。価格はオープンだが、予想実売価格は20万円代後半。

従来型のオーディオからの脱却を図り、新しいオーディオ市場の創造を目指すケンウッドと、映像と音を切り口にした新しいPCライフの創出を目指すイーヤマの2社の方向性が一致し、本機が企画された。本機のコンセプトは「Designed Music PC」。あえて“Design”という単語を前に持ってきたところに意気込みを感じさせる。

PC部は薄型、軽量で抜群の機動性を持つB5ファイルサイズ。CPUには省電力設計で発熱量の少ないTransmeta社の「Crusoe」を採用している。OSはWindows XP。

オーディオ部は、PC部とテイストを合わせたメタリックでシャープなデザインを採用。「Designed Music PC」の名にふさわしいスタイリッシュな印象だ。アンプ部は本格的なセパレートアンプ方式を採用、ラジエーションノイズを抑えた高音質再生を実現した。本体上面にタンデムで装備された2つの12cmメディアドライブ部は、DVD-ROMドライブとCD-R/RWドライブとなっている。さらに、本体下部に装備されたMD部は新規格「Net MD」にいち早く対応。オーディオ部単体でWMA、MP3の再生に対応しており、様々なフォーマットの再生が可能。FM/AMチューナーも搭載しており、正真正銘のオールインワン製品だ。

オーディオ部の実用最大出力は20W+20W。スピーカーには、省スペース防磁設計の長円型ユニットが採用されている。

オーディオ部とPC部は「USB2.0」で接続される。PCアプリケーションソフトとして、ケンウッド・ジオビット製の「StageMaster」が用意されており、PCからNet MDやDVD再生ソフトの起動、各種音楽圧縮フォーマットの作成と再生、音楽用CD-R/RWの作成などが統合的に操作できる。

ソニーなどからもPCとオーディオの融合を目指した製品が発売されているが、本機は、PC部がノート型であったり、オーディオ部とPC部を切り離していたりと、革新的なアイデアが随所に盛り込まれている。発売まで少し日があるが、楽しみに待ちたい製品だ。(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドiiyama/KENWOOD
  • 型番AVENUE(MPX-710)
  • 発売日2002年2月
  • 価格¥OPEN(予想実売価格20万円代後半)
【SPEC】
<PC部(アベニューノート)>●CPU:Transmeta社 CrusoeTM プロセッサTM 5800 800MHz ●メインメモリ:128MB SDRAM ●HDD:約20GB ●ビデオシステム:ATI社製 RAGE Mobility M1(8MB) ●サウンド機能:AC'97準拠(モノラルスピーカー内蔵) ●液晶ディスプレイ:12.1インチ TFTカラー液晶(1024×768) ●通信機能:ブロードバンド対応ポート(LAN端子)及びV.90/K56flexTM対応モデム ●インターフェース:PCカードスロット(TypeII)×1、USB2.0×2、IEEE1394(4ピン)×1、D-SUBミニ15ピン×1、TV出力(S端子)×1、HeadPhone×1、Mic×1、Line-in×1 ●キーボード:日本語85キー(キーピッチ19mm) ●外形寸法:273.0(W)x26.5(H)x220.0(D)mm ●質:約1.6Kg ●OS:Microsoft(R) Windows(R) XP Home Edition ●ソフトウエア:Stage Master、DVD再生ソフト、CD-R書き込みソフト他

<オーディオ部(アベニューオーディオ)>●ドライブ:DVD-ROMドライブ、CD-R/RWドライブ、Net MD対応MDドライブ ●FM/AMチューナー:FM 76〜90MHz、AM 531〜1629kHz ●アンプ:20W+20W ●I/O port:USB2.0(Upstream×1、Downstream×1)、AUX入力端子×1/出力×1、サブウーファー端子×1 ●外形寸法:<本体>332W×179H×285Dmm <アンプチューナー部>95W×270H×220Dmm <スピーカー>105W×270H×248Dmm ●質量:<本体>約4.7kg <アンプチューナー部>約4.4kg <スピーカー>約2.4kg/1本