シャープが1ビットアンプ「SM−SX200」を新たに発売

2001年11月20日
SM−SX200−B
●シャープ(株)から新たに世界初の世界初、5.6MHz超高速サンプリングを実現し、最大200W+200W(4Ω)へと大出力化を達成した、期待の1ビットアンプ「SM−SX200」が発売される。
本機種では5.6MHz、1ビットデジタルアンプ信号処理LSIが開発・採用され、極めて安定した音楽信号の増幅、可聴帯域での広いダイナミックレンジを確保したクオリティの高い音質を実現している。大出力化/スイッチング電源の採用し、ハイエンドオーディオならでの150W+150W(8Ω)、200W+200W(4Ω)へのパワーアップも達成している。

電源部はスイッチング電源モジュールで構成している。また、制御回路の高集積化により『出力パワー対体積』密度は99W/inch3を実現しており、その高効率性能と合わせた小型/低発熱性を両立することによって、1ビットデジタルアンプシステムの特長(ハイパワー/小型/高効率)を電源供給面から支えている。

加えて本機種では最高の音を求めた設計/パーツ/素材を採用、高級HiFiオーディオ機器との接続に対応した充実の入出力端子を採用しているほか、 21世紀のオーディオにふさわしい斬新なデザイン/薄型フォルムも目を見張る。斬新なデザインと一層緻密な超高音質再生を可能にした1ビットアンプ「SM−SX200」の実力を楽しみにしたい。
(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSHARP
  • 型番SM−SX200−B
  • 発売日12月1日 受注開始
  • 価格1,500,000円(税別)
【SPEC】
●定格出力:150W+150W(8Ω負荷、1kHz時)
●200W+200W:(4Ω負荷、1kHz時)
●周波数特性:5〜100kHz(+1dB、−3dB)
●全高調波歪:0.05%(1kHz、1W出力時)
●ダイナミックレンジ:105dB
●A/Dノイズシェーピング:7次△Σ変調ノイズシェーピング
●入力端子:1ビットデジタル入力専用端子×1(機器間システム認証)/1ビットシステム入力専用端子×1(機器間システム認証)/BNC同軸デジタル入力×1 /RCA同軸デジタル入力×1 /角型光デジタル入力×1 /RCAアナログ入力×2 /XLRアナログ…バランス入力×1
●出力端子:角型光デジタル出力×1 /RCAアナログ出力×1
●その他端子:ACソケット(100V AC)×1
●電源:100V AC、50/60Hz
●定格消費電力:195W(200W+200W出力電圧設定時/4Ω)
●最大外形寸法:472(幅)×89(高さ)×480(奥行)mm
●質量:約19.0kg
●付属品 /電源ケーブル×1 /取扱説明書×1 /保証書×1 /フロント用台座×2 /リア用台座×2