松下、デジタル放送・インターネット統合ブラウザをOpenTV社と共同開発

2001年11月13日
●松下電器産業(株)は、デジタル放送とブロードバンドの両方に対応する次期デジタル放送受信機のソフトウェアプラットホームとして、放送サービスとインターネットサービスの双方に対応する統合ブラウザーを、米国OpenTV社と共同で開発する。

開発する統合ブラウザーは、BSデジタル受信機で培った松下のBML技術とOpenTV社の最新のHTML技術を融合することで、BSデジタル放送や110度CSデジタル放送等で提供されるデータ放送と、ブロードバンドによってアクセスされるインターネットコンテンツの両方に対応し、これらのコンテンツをシームレスに視聴、閲覧することを可能にする。

データ放送への対応としては、BSデジタル放送に加え、110度CSデジタル放送等、今後予定されているデジタル放送における「放送とインターネットの連携サービス」や、ep社が実施する「蓄積型データ放送サービス」にも対応できるとしている。

フォーマットとしてHTML4.0、JavaScript、CSSに対応、セキュア通信機能としてはSSLに加えて次世代標準であるTLSにも対応する。また、このブラウザではテレビのリモコンを用いてインターネット上の様々なコンテンツを簡単に閲覧できる。これにより、データ放送から既存のインターネット上のコンテンツにリンクさせることも可能になる。

なお、このブラウザーは来年春にサービス開始が予定されているep社向けのセットトップボックスに採用する予定。

また、国内のテレビ受信機メーカーなどに対しては、OpenTV社が本統合ブラウザーのライセンス供与を行っていく。(Phile-web編集部)

関連リンク