パナセンス、Lモード端末「レターボード」を格安でモニター販売

2001年11月06日
ポケットボードに似た形状のLモード端末
●松下電器産業(株)の公式ECサイト「パナセンス」では、Lモードが気軽に楽しめる端末「レターボード」UF-LC1を100名に選考モニター販売するキャンペーンを行っている。

Lモードは、パソコンや携帯電話が苦手な方でもカンタンにメールや情報検索ができるNTT東日本・NTT西日本の有料サービス。ご利用の際は、各NTTへお申し込みいただく必要がある。

Lモードの「L」は「Living」(生活)、「Lady」(豊富な女性向コンテンツ)、「Local」(地域に根ざした)、「Large」(大きい画面・ボタン)などを意味するもの。

本機には、3.8型のカラー液晶、メールも打ちやすいキーボード、押せば機能にすぐアクセスできるジャンプ機能ボタン、操作が楽に行えるLボタン&十字方向キーなどを装備。今使っている電話やファックスにつなぐだけで、Lモードがカラーで簡単に楽しめる。

モニター販売は、下限価格と上限価格が決まっており、その中で自分が希望する購入価格を提示、上位100名までが実際に購入できるというもの。今回は、上限価格が25,000円、下限価格が12,500円と設定されている。

Lモードに興味がある方には、またとないチャンスだ。この機会をお見のがしなく。(Phile-web編集部)