「オーディオ銘機賞2002」審査委員長2氏に開催直前インタビュー!

2001年10月19日
<左>流通側の審査委員長、ディスクユニオン代表取締役 広畑照一氏 <右>評論家側の審査委員長、斉藤宏嗣氏
●いよいよ、本日午後1時より選考会が行われる「オーディオ銘機賞 2002」。その審査委員長を務める2氏の開催直前インタビューをお届けしよう。

販売・流通側の審査委員長を務める、ディスクユニオン代表取締役 広畑照一氏は、
「今年はオーディオ銘機賞の開設以来23周年にあたる記念すべき年です。世界を代表するブランドの代表的モデルが集まった“インターナショナルオーディオショウ”は今年も活況を呈し、個性あふれる製品が多数あらわれました。賞の選定対象製品の主軸であるこれらの輸入製品が元気なことから、選考も白熱することが予想されます。反面、国内オーディオ製品を対象にした展示会は少々元気がなく、国内メーカーにもこのイベントを通じて奮起を促したいと考えております。」と語り、間近に迫った審査会に強い意欲を見せた。

また、評論家側の審査委員長をつとめる斉藤宏嗣氏は、
「国内製品と海外製品、内外でテーマが異なっていたのが今年の特徴です。海外メーカーが2チャンネルシステムの旗艦モデルを次々に登場させて円熟期に向かっているのにくらべ、国内メーカーは、製品の主軸を2チャンネルからデジタルマルチチャンネルへ徐々に移行させ、新しい提案を積極的に行っています。それによって選定対象製品の幅が広がり、注目すべきモデルが例年に比べて非常に多くなっています。本年度の銘機賞が、未来のオーディオ界の姿を指し示すマップとなることは間違いありません。その意味では審査委員の責任は非常に重く、じっくりと話し合いながら選定を行って行きたいと思います。」と、21世紀はじめてのオーディオ銘機賞が、文字通り未来を占う重要なイベントであることを強調した。

Phile-webでは、選考会レポートや金/銀/銅賞モデル速報などをお届けし、このビッグイベントを全世界に向けて発信していく。下記リンクの特設ページに結果を順次発表していくので、お見のがしなく!(Phile-web編集部)