オリンパス、世界最軽量85gの新フェイスマウントディスプレイ

2001年10月10日
Eye-Trek「FMD-220」(左)。Eye-Trek「FMD-220」モデル着用(右)
●オリンパス光学工業(株)は、世界最軽量85gのディスプレイ部と、超小型軽量37gのコントロールユニットを採用し、ポータブルDVDプレーヤーや“プレイステーション 2”とのダイレクト接続も可能な、フェイス・マウント・ディスプレイ(FMD)「Eye-Trek」(アイトレック)シリーズの新製品「FMD-220」を11月1日より発売する。

Eye-Trekは、ビデオ機器に接続しサングラスのようにかけるだけで、臨場感溢れる大画面を楽しめるパーソナルディスプレイ。FMD-220は、2メートル先に52型相当の大画面映像を体感でき、サラウンド機能・高音/低音ブースト調整機能により、包み込まれるような迫力サウンドで映画や音楽、ゲームを楽しむことが可能。

また、昨年末発売以来好評の「FMD-250W」のモバイル環境で使用できるダイレクト接続機能や、操作性が良く手のなかに収まる超小型軽量コントロールユニットを継承し、ボディーカラーには新たにカジュアルな雰囲気のアクアメタリックブルーを採用した。

世界最軽量85gの小型ボディは、0.55インチの小型液晶パネルと、独自の小型光学系フリーシェイプト・プリズムの搭載により実現。コントロールユニットも小型化。操作性とデザイン性を重視し、親指だけの簡単操作が可能で、手の中にも収まる。

現行アイトレックの特徴である、ポータブルDVDプレーヤーとのダイレクト接続も可能。対応機種となるポータブルDVDプレーヤーは、Eye-Trekとの接続専用DCアウトコネクタを装備しており、オプションのダイレクト接続ケーブルを使用することにより、映像音声信号と電源をEye-Trekに出力できる。DVDをバッテリー駆動する場合にも、同様にEye-Trekを接続・駆動できるので、場所を選ばずモバイル環境でも利用が可能。対応機種は、松下電器「DVD-PV40」、パイオニア「PDV-20」、東芝「MED200AS」。

“プレイステーション 2“とのダイレクト接続もできる。オプションのダイレクト接続ケーブルを使用し、AV MULTI OUT(AVマルチ出力)端子と接続し、(USB)端子から電源を供給することによって、映像信号と電源をEye-Trekに出力。

また、音声面においても、サラウンド機能、高音/低音ブースト調整機能を搭載している。(AV REVIEW編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドOLYMPUS
  • 型番Eye-Trek「FMD-220」
  • 発売日11月1日
  • 価格\56,000
【SPEC】●画角:水平30度、垂直22.7度。2mの距離から52型スタンダード画面を見ているのに相当 ●映像素子:18万画素デルタ配列の0.55インチTFT液晶パネル×2 ●映像信号:NTSC日米標準方式 ●入力端子:映像/音声入力端子:専用マルチコネクタ ●ステレオインナーホン搭載 ●質量:ディスプレイ部 約85g(ケーブル含まず)、コントロール部 約37g(ケーブル含まず) ●大きさ:ディスプレイ部 約161W×63.5H×50Dmm(ケーブル含まず。フレーム折り畳み時)、コントロール部 約39W×18.5H×100Dmm(ケーブルと突起部含まず)