ケンウッドより、簡単手軽に本格サラウンドを楽しめるDVDシステム新発売

2001年10月09日
●株式会社ケンウッドは、本格的かつ手軽にDVDホームシアターを楽しみたいユーザーに向け、単品製品と同様の多彩なサラウンド機能を搭載したDVDレシーバーと、コンパクトな5.1chスピーカーをセットにしたDVDレシーバーパッケージシステム「DVT-7000」を11月1日より発売する。

「DVT-7000」は、(1)ドルビーデジタル、(2)dts、(3)サークル・サラウンド5.1、(4)ドルビー・プロ・ロジックII、(5)DSPサラウンドと多彩なサラウンドモードを搭載。DVDビデオはもちろんCD、FM、TV等の2chステレオ音源からも臨場感あふれる5.1ch音場を作り出すことが可能である。 40W×6のハイパワーアンプを搭載し、全てのチャンネル出力を同一にし、クォリティを確保している。

また、ケンウッドのオリジナル技術「シネマEQ」を搭載し、特に省スペースモデルで問題となるサブウーファーとサテライト・スピーカーの音のつながりやバランスを整え、映画鑑賞で大切な台詞帯域の自然な再生を実現している。

「DVT-7000」は、オーディオ用CD-R/RWの再生はもとより、PCで作成、CD-R/RWに記録したMP3ファイルの再生にも対応。身近になったデジタルメディアへの対応も万全だ。

さらに、コンポーネントビデオ出力、Sビデオ端子、光デジタル端子、アナログ音声端子など、AVシステムの中核にふさわしい入出力端子を豊富に装備。VTRをはじめ、BS、CSチューナーやゲーム機等、手持ちの機器のAVセンターとしても使用できる。(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドKENWOOD
  • 型番DVT-7000
  • 発売日2001年11月1日
  • 価格オープン価格
【SPEC】●出力: 40W×6(EIAJ 6Ω) ●使用スピーカー サブウーファー:16cmコーン型 サテライト:5cmフルレンジ ●入出力端子 コンポジットビデオ:入力3/出力2 Sビデオ:入力3/出力2 コンポーネントビデオ:出力1 音声(アナログ):入力3/出力1 オプティカル(デジタル):入力2/出力1 コアキシャル(デジタル):入力1 ●再生可能メディア: DVD-VIDEO、CD-DA、VCD、CD-R/RW、MP3、DVD-R(ビデオフォーマット) ●FM受信周波数範囲: 76MHz〜90MHz ●AM受信周波数範囲: 531kHz〜1629kHz ●最大外形寸法:本体440W×93H×410Dmm サテライトスピーカー70W×125H×108Dmm サブウーファー175W×310H×295Dmm  ●質量: 本体約8.5kg サテライトスピーカー フロント/L/R/センター:約0.48kg/1本 リア:約0.36kg サブウーファー約4.9kg