「DVDオーディオ・コンファレンス・ジャパン2001」開催される

2001年10月05日
DVD-Audioのデモも行われた。
●DVDフォーラム主催による「DVDオーディオ・コンファレンス・ジャパン2001」が東京ビックサイト会議室にて併催された。内容は、DVDオーディオフォーマットを担当するWG(ワーキンググループ)4の参加各社の担当者による、DVDオーディオのハード&ソフトの現状報告と展望見解が約2時間半にわたって発表された。

最初にパイオニア株式会社 技術戦略最高顧問 杉本昌穂氏による開会の挨拶があった。「1999年以来、DVDオーディオはスローテンポだったが、全世界のDVD再生機器2600万台のうち、50万台〜100万台はDVDオーディオ再生機能。タイトル数も100タイトルを越えた。今年のDVDプレーヤーの3%だが、来年には中級機種以上には20%以上がDVDオーディオ付きとなる。これを機会にソフト産業の皆様にもご協力をお願いしたい。」

「本日併催されているオーディオEXPOを見ていると、オーディオ協会の副会長としてオーディオ業界の減少を感じるのは禁じえない。これを救うのがDVDオーディオではないか。苦戦・不信を払拭できるきっかけになればいい。DVDオーディオを大きく飛躍させたい。」と述べられた。

なお、DVDフォーラムによるDVDオーディオ共同試聴ブースもエキスポ会場内に展開されている。(Phile-web編集部)