<CEATECレポート>SDやDVD-RWなど、普及促進団体のブースも充実

2001年10月03日
<左>RWPPIブース <右>SD関連機器が大量に展示されているSDブース
●CEATECでは、標準規格の普及促進団体が展開するブースも充実している。

そのうちの一つ、RWPPI(RWプロダクツプロモーションイニシアチブ)は、その名の通りDVD-R/RW製品の普及を図る団体。現段階で45社が加盟しており、再生互換性の調査検討や向上といった活動も行っている。ブースでは、様々なメーカーの対応機器が展示されており、DVD-R/RWの世界を概観できる。

SDブースにも、関連機器が充実している。松下電器より先日発表された512MBのSDメモリーカードのほか、SDIO規格によるBluetoothカード、スキャナやデジカメなどが展示されている。そのほか、普段はあまり意識することのないデバイスなども多数展示されており、SDカードをもっとよく知りたい向きには最適だ。(Phile-web編集部)