DVDとVHSが一緒になった注目機がパナソニックから登場

2001年10月02日
●松下電器産業(株)は、Gコード付5倍モード対応VHS、DVD−R対応のDVD、CD−R/RW対応のCDプレーヤーを一体化し、省スペースで簡単に使用できるDVDプレ−ヤ−一体型Gコード付ハイファイビデオを12月1日より発売する。

ビデオ、DVD、CDプレ−ヤーといったAV商品の家庭内への普及に伴い、複数の機器を1台のスペースで収納したいというご要望や、DVDソフトの充実化により、VTRの買い替えの際にDVDプレーヤーのご購入も検討するユーザーも多くなっていることから、1台で3つの楽しさを持ち合わせた新たなビデオの使い方を同社から提案したもの。

本製品は、多様化するメディアに対応するため、Gコード付 5倍モード対応 VHS を基本モデルに、DVD-R*対応のDVDプレーヤー、CD-R/RW対応のCDプレ−ヤ−一体型の仕様となっている。

また、1台3役となっても、簡単かつ安心して使用いただけるように「かんたん予約ガイド」「前面デジタル音声出力端子」「録画チェック」などを搭載した。

松下電器産業は、本製品をマルチメディア時代にふさわしい、新たなビデオスタイルとして積極的に展開していく考えだ。

(AVレビュー編集部)

新着記事を見る
  • ブランドPANASONIC
  • 型番NV−VHD1
  • 発売日12月1日
  • 価格Open
【SPEC】●消費電力:約23W ●使用カセット:VHS規格 ●録画時間:最大15時間(ST-180を5倍モードで使用時) ●早送り・巻き戻し時間:約1分(ST-120使用時) ●入出力端子:コンポジット映像入力×2、コンポジット映像出力×2(うち、DVD専用1系統)、S映像出力×1(DVD専用)、D1映像×1(DVD専用)、アナログLR音声(コンポジット)入力×2、アナログLR音声(コンポジット)出力×2(うち、DVD専用1系統)、サブウーファー出力(DVD専用)、光デジタル音声×1(DVD専用) ●外形寸法:430W×89H×345Dmm ●質量:約5.2kg