<CEATECレポート>日立はホームサーバーとDVD-RAM/R搭載のパソコン

2001年10月02日
ホームメディアデッキ(左)、DVD-RAM/Rドライブ搭載のプリウス(右)
●ハードディスクを内蔵したホームサーバーの開発が進んでいる。日立は、40GBのドライブを内蔵し、さらにDVDプレーヤーも内蔵した「ホームメディアデッキ」を参考展示した。

この製品は、OSにLinuxを採用したPCがベースになっているため、テレビ番組の録画再生、DVD/ビデオCD/CD再生に加えて、インターネットのウェブ閲覧やメールの送受信まで、これ1台ですべてこなすことができる。

PCベースとはいっても、ユーザーはOSの存在を意識する必要はない。操作もビデオデッキなみのシンプルなもので、EPGを利用した簡単な録画予約機能など、HDDレコーダーならではの機能も豊富に積んでいる。
 
日立は、テレビ録画のできるPCを積極的に発売しているが、最新のプリウスは、DVD−RAM/Rドライブを内蔵し、ビデオフォーマットでのDVD録画までできてしまう。ビデオ録画ソフトは定評のあるDVDitをバンドル。AV機器を思わせるシンプルなデザインなので、液晶ディスプレイと組み合わせてリビングルームに導入するのがオススメ。(山之内正)