シーラス・ロジック、デジタルPWM技術で次世代オーディオアンプシステムを牽引

2000年09月28日
●オーディオ半導体分野で世界的なマーケットリーダーであるシーラス・ロジックは、革新的なPWM(Plus Width Modulation)技術に関する重要な発表を行った。この新しいPWM技術は、大幅なオーディオアンプの低消費電力化を実現し、、コスト削減と設計デザインの簡素化を可能にしている。

新しいデジタルPCM技術により、増幅効率は一般的には約50%でしたが、これを90%近くにまで向上させている。例えば、従来のシステムでは5W出力の為に10Wのエネルギーが必要でしたが、この新しいデジタルPMW技術により、同じ10Wのエネルギーで9Wの出力が可能になった。また、シーラス・ロジックの革新的なPMW技術は、既存のハイブリッド・アナログ/デジタルPWM技術で一般的に発生する電磁気障害や無線周波障害に関する多くの問題も軽減した。(AV REVIEW編集部)

関連リンク