オンキヨー(株)がPCオーディオ事業を本格展開する

2000年09月21日
●オンキヨー(株)では、オーディオ編集をはじめとして、MP3関連やDV編集ソフトの開発元として高い実績を誇る、(株)デジオンと本格的にパートナーシップを組み、ハードウェア、ソフトウェア両面から PCオーディオのソリューションを提案するメーカーとして事業を本格的に展開する。その第一弾としてPCオーディオプレーヤーソフトを共同開発、本年秋に発売する同社のUSBデジタルオーディオプロセッサーの 新製品に搭載する予定だ。

オンキヨー(株)では、長年のオーディオ製品で培ってきたオーディオノウハウを活かし、 パソコンにおける高品位オーディオ環境を実現する製品を発売してきた。高品位なMIDI音源を搭載して話題になったオーディオボードを始め、木製キャビネットを採用したスピーカーシステム、そしてオーディオ機器とのインターフェースを可能にし、高品位なデジタル録音/再生を実現するUSBデジタルオーディオプロセッサーなど、音質と機能が高度に融合した製品群である。

一方、これら高性能なハードをパソコンに接続して実際に活用する際には高機能なソフトウェアが 不可欠となる。オンキヨーでは製品にバンドルするソフトは、単なるおまけ的なものではなく音質、機能ともに本格的な性能を持ったソフトウェアを厳選してバンドルしてきた。そして同社の製品コンセプトに合致するソフトウェアとしてデジオン社で開発された「DigiOnSound TM Light(デジオンサウンド・ライト)」をUSBデジタルオーディオプロセッサーSE-U77にバンドルした。

デジオン社はオーディオ・ビジュアル関連のPC用ソフトウェア技術開発メーカーとして実績があり、マルチトラック・サウンド編集ソフト「DigiOnSound TM」/「DigiOnSound TM Light」、CD-R/RWライティング ソフトウェア「DigiOnDisc」、(株)ジャストシステムが販売しているMP3オーディオソフト「MP3 BeatJam」、デジタルビデオ編集ソフト「MegaVi DV」など、同社の開発製品は市場で広く知られている。同社ではデジオン社のその高い開発力を評価、両社のノウハウを活かすことによってハードウェアと ソフトウェアの両面から優れた製品の開発を目指し、今後さらに市場が広がると思われる PCオーディオ事業への積極的展開を図る。(AV REVIEW編集部)

関連リンク