TDKが高音質な音楽データ圧縮・編集ソフトを発売

2000年09月05日
●TDKは、より原音に近いMP3圧縮・再生が可能で、音楽ライブラリーの編集、さらにはCD-R/RWへのライティングにも対応したソフトウェア『MP3 Audio Magic』を9月21日より発売する。

音楽情報をMP3に圧縮する際に欠落してしまう高音域を、20kHz以上の領域まで自然な形で補完するケンウッド開発の「Superme/D.R.I.V.E」を採用。より原音に近い音楽の再生が可能なほか、ケンウッドの最新鋭エンコード・エンジンを採用し、高品質なMP3データを作成することができる。

また、集めたMP3データから音楽CDを作ることはもちろん、MP3やWMA、MIDIといった様々なデータ形式でも書き込みが可能で、ライティングエンジンには話題のBURN-Proof技術にも対応したBHA社製エンジンを採用している。

画面モードには4種類の"コンポモード"、イルミネーションを採用した"カーオーディオモード"を用意し、10バンドのMP3イコライザーを装備するなど、音とビジュアルの両面で楽しめる。(Senka21編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドTDK
  • 型番MP3 Audio Magic
  • 発売日9月21日
  • 価格\6,800(税別)
【SPEC】対応機種:MMX Pentium 233MHz以上のCPUを搭載したPC/AT互換機。NEC PC98-NXシリーズ(Pentium II 300MHz以上推奨)*NEC PC-9800シリーズは動作保証外。OS:Microsoft Windows95(OSR2以降)/98/Me日本語版(Windows95はIE4.01SP1以上が必要)*NT/2000は動作保証外。必要メモリ:32MB以上(64MB以上を推奨)。ハードディスク容量:35MB以上の空き容量(サンプルデータを含む)グラフィック機能:800×600以上/High Color(16ビット)以上。サウンド機能:16ビット対応のサウンドカード。CD-ROMドライブ:16倍速以上推奨(CD-ROMドライブによってはデジタル録音ができない場合もある。その際にはアナログ録音を使用)。CD-R/RWドライブ:CD作成を行う場合に必要。