ソニー、置き方も色も自由に選べるDVDプレーヤーとホームシアターシステム

2000年09月05日
DVP-F15
●ソニーマーケティング(株)は、幅215mmとコンパクトで、テレビとつなぐだけで臨場感あふれるサラウンド効果が楽しめるDVDプレーヤー『DVP-F15』を、3色のカラーバリエーションを用意して発売する。併せて、本機とフロント用サテライトスピーカー2本、及び2chアンプ内蔵小型アクティブサブウーファーを組み合わせた、コンパクトなDVDシステム『DVPK-15』も発売する。

 急速に拡大するDVDプレーヤー市場は、2000年度の国内出荷台数が100万台に達することが見こまれており、DVDソフトの発売タイトルもすでに累計6千を超えている。最近では、音楽ソフトなども続々と発売され、ユーザー層も当初の中心となっていたAVマニア層から、若年層・女性層へと広がりが出ている。ソニーは、こうした状況を踏まえ、幅広いユーザーをターゲットにした商品を発売し、ラインアップの拡充を図って多様化するニーズに応えていく姿勢だ。

 『DVP-F15』は、本体横幅215mm/高さ60mmのコンパクトなサイズで、縦置き・横置きいずれも可能で、設置場所を選ばない。本体の色を好みや部屋のインテリアに合わせて選べるよう、シルバー・バイオレット・ピンクと3色のカラーバリエーションを用意した。また、D端子付きのテレビやモニターと1本のケーブルでシンプルに高画質接続ができるD1出力端子を装備しており、手軽に美しい映像が楽しめる。さらに、本機とテレビをつなぐだけでも映画館のような臨場感を味わえる、

「バーチャル・エンハンスド・サラウンドTVモード」も搭載している。加えて、サブウーファー出力端子を装備しており、別売りのアクティブサブウーファーと組み合わせて重低音を増強することができるほか、同時発売される当社のホームシアターシステム「HT-K215」(標準価格:50,000円、税別)と組み合わせて、本格的な5.1chサラウンドを楽しむなどシステムアップも可能だ。

 『DVPK-15』は、DVDプレーヤー、2chアンプ内蔵の小型アクティブサブウーファー、フロント用サテライトスピーカー2本をワンパッケージにしたコンパクトなDVDシステム。DVDプレーヤー部は『DVP-F15』をベースにしており、2本のフロントスピーカーによる仮想サラウンドに、サブウーファーからの重低音を加えることで、AVアンプやリアスピーカーを使わなくても、映画館の臨場感と迫力の“2+1chバーチャル・エンハンスド・サラウンド”が省スペースで手軽に楽しめる。(隔月刊 AVレビュー編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドSONY
  • 型番DVP-F15
  • 発売日10月21日
  • 価格OPEN
【SPEC】●形式:CD/ビデオCD/DVDプレーヤー ●信号形式:EIAJ標準、NTSCカラー方式 ●水平解像度:約500本 ●音声周波数特性  (VES OFF時) DVD(PCM96kHz再生時):2Hz〜44kHz(±1dB)
DVD(PCM48kHz再生時):2Hz〜22kHz(±0.5dB)CD:2Hz〜20kHz(±0.5dB) ●音声S/N比:115dB(LINE OUT[AUDIO 1,2]端子のみ・VES OFF時)(EIAJ) ●音声高調波ひずみ率:0.0025% ●音声ダイナミックレンジ DVD:102dB CD:98dB(EIAJ) ●ワウ・フラッター: 測定限界(±0.001% W PEAK)以下(EIAJ) ●出力端子(映像系) ●コンポーネント映像:D1端子1系統、S映像 1系統、コンポジット映像 1系統  ●出力端子(音声系):光デジタル 1系統、アナログ(L/R) 2系統、ウーファーアウト1系統 ●電源:100V AC、50/60Hz ●消費電力:12W  ●外形寸法:(幅×高さ×奥行き):215×60×303(mm) ●質量:約2.3kg
  • ブランドSONY
  • 型番DVPK-15
  • 発売日10月21日
  • 価格OPEN
【DVDプレーヤー部は『DVP-F15』参照】
≪アンプ内蔵ウーファー≫
●実用最大出力:20W×2(フロント用)、20W+20W(ウーファー用)
●音声出力:スピーカー出力1系統 ●電源:100V AC、50/60Hz ●
消費電力 35W ●外形寸法:145×237×373(mm) ●質量:約6.3kg

≪サテライトAVスピーカー部≫
●使用ユニット:5cm×9cmコーン型 ●公称インピーダンス:6Ω ●
最大入力:100W ●実効周波数帯域:90〜20,000Hz ●外形寸法:68×151×135(mm) ●質量 約0.8kg