NTTドコモ「iモード」大ヒットの秘密とは

2000年08月11日
● 8月6日、NTTドコモの「iモード」が、サービス開始から1年半で契約者数一千万を突破した。モバイルマルチメディアの世界を切り開いたiモードの爆発的普及は、まさに社会現象とも言えるもの。「確かに画面は小さくて貧弱ですが、携帯電話のサイズに収めたからこそ、また、携帯電話の形をしているからこそ、女子高生や主婦の方にも抵抗なく受け入れられたのだと思います」と語るNTTドコモコンテンツ開発担当課長の山口義輝氏。ドコモとコンテンツプロバイダをはじめとする各社とのWIN−WINの関係も、普及を急拡大させた大きな要因だと話す。
 Senka21で好評連載中の「工藤恒夫実践マーケティング塾」では、9月号(8月25日発売)、10月号(9月25日)の二号にわたり、iモードのヒットの裏に隠されたNTTドコモの用意周到なマーケティングについて迫る。(Senka21編集部)