IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志が試す

【レビュー】結局「nasne」は“買い”なのか? − PS3/VAIO/タブレットで使い勝手をテスト

安蔵 靖志

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2012年08月31日
一部モデルの内蔵HDDの不具合から発売が延期されていたソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「nasne(ナスネ)」がいよいよ発売された。地上・BS・110度CSチューナーにNAS(ネットワーク接続HDD)機能やメディアサーバー機能などを搭載するnasneの使い勝手を、早速試してみることにしよう。

nasne

■nasneの接続はシンプルで簡単 PS3での視聴はクセがあるが快適

nasneは、500GBのHDDと、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを搭載したレコーダー/NAS機器(関連ニュース)。同じネットワーク内に接続したPS3の「torne」(ver 4.0)や、VAIO専用のnasne視聴・録画アプリ「VAIO TV with nasne」を用いることで、本機でテレビ番組視聴や録画を行える。HDMI端子などを搭載せず、ネットワーク経由でのみの視聴に限っている点が特徴的だと言えるかもしれない。

背面端子部。上から外付けHDD用のUSB端子、LAN端子、アンテナ入力/出力、電源ケーブル接続端子とシンプルな構成

接続や設置はとても簡単だ。ブロードバンドルーターやイーサネットハブが近くにあれば、nasneとLANケーブルで接続すれば設置が完了する。今回は同一ネットワーク内にあるPlayStation 3を使って初期設定し、視聴した。

ユーザーインターフェース(UI)は従来のPS3専用地上デジタルチューナー「torne」付属ソフト(以下、torne)を使用するため、メニューの配置や軽快な動作感は同じ。起動するとリング上にアイコンが並ぶホーム画面が表示され、上下ボタンでリングを回転させてメニューを選択する。スタイリッシュなデザインだが、アイコンがデフォルメされているため視認性が低く、従来からのtorneユーザー以外にとっては、文字が表示されるまでメニューの内容を把握しにくいのではないかとも感じた。

再生画面

メニューを呼び出したところ

ボタン操作は「○」で決定、「×」でキャンセルというPS3のUIを踏襲しており、「△」ボタンや「□」ボタンでサブメニューなどを呼び出すスタイルになっている。PS3の操作にある程度慣れた人ならすぐに使いこなせるはずだ。PS3に慣れていない人でも、画面下に表示されるボタン操作ヘルプを見ればそれほど難しくないだろう。

EPG(電子番組表)からの録画予約操作は、torneアプリの真骨頂と言える。EPGはR1ボタンを押すと拡大され、L1ボタンを押すと縮小される。「9ch/18時間表示」「7ch/7時間表示」「5ch/3時間表示」「3ch/2時間表示」の4種類を用意しており、表示切り替えも一般的なBDレコーダーに比べてはるかに速い。左のアナログスティックを上下に倒すと丸1日分ジャンプすることも可能だ。


EPG動作の様子


EPGで△ボタンを押して「録画予約する」を選ぶと録画予約設定画面が表示される。録画先や録画画質を選択して決定すると録画予約が完了する。

なお、現在放送中の番組でなければ○ボタンで同じ画面に移動できるが、放送中の場合は○ボタンを押すと自動的に視聴画面に移ってしまう。リアルタイム視聴を中心に使いたい場合は便利だが、基本的に「録って見て消す」というタイムシフト視聴を中心に使いたい場合には、このボタン操作は使いづらいように思う。欲を言えば、一発録画ボタンが欲しかったところだ。


例えば「バラエティ」であれば「旅バラエティ」などといったようにサブジャンルも指定可能

検索キーワードの入力画面

Sony Tabletでの使い勝手は?

前のページ 1 2 3 4 次のページ