7月1日より

Noble Audioユニバーサル型イヤホンの取り扱い、宮地商会M.I.D.からエミライへ移管

編集部:小澤貴信
2017年06月19日
米イヤホンブランド Noble Audioの、ユニバーサル型イヤホンの国内輸入代理業務が、7月1日にこれまでの(株)宮地商会M.I.D.から(株)エミライへ移管される。

「Kaiser Encore Universal」

対象製品は、Noble AudioのユニバーサルIEM製品および「Noble BTS Bluetooth Solution」。今回の移管に伴い、6月30日以前については宮地商会 M.I.D.が製品の販売およびユーザーサポート業務を行なうが、7月1日以降についてはエミライが全業務を引き継ぐ。

7月1日以降の製品に関する問い合わせ、購入後のユーザーサポート、保証対応と修理に関する問い合わせ先はエミライとなる。

なお、Noble AudioカスタムIEM製品は、従来から引き続きWAGNUS.が取り扱いを行う。

関連記事