Galaxy S8もDaydream対応

HTCとレノボ、スタンドアローン型のDaydream VRゴーグルを年内発売

編集部:押野 由宇
2017年05月18日
現在アメリカで開催中のGoogleによる開発者イベント「Google I/O 2017」基調講演にて、スタンドアローンで使用できる「Daydream」VRゴーグルが発表された。HTCとLenovoが開発する2モデルが告知され、2017年後半の発売を予定している。

DaydreamのスタンドアロンVRゴーグル

DaydreamはGoogleが提供するVRプラットフォームで、スマートフォンとVRデバイス、アプリケーションというモバイルVRに必要なものを提供する。これまでDaydreamのVRゴーグルとしては、スマートフォンをセットして使用する「Daydream View」が海外展開されていた。

スマートフォン搭載タイプのVRゴーグル「Daydream View」

今回のVRゴーグルはQUALCOMMがリファレンス・デザインを提供しており、ケーブルやPC、スマートフォンが不要のスタンドアローン型として発表された。Googleが開発するAR技術のフレームワーク「Tango」を活用した空間認識技術「WorldSence」を搭載し、室内のオブジェクトから相対的にユーザーの動きを認識するインサイドアウト方式トラッキングに対応するという。

「WorldSence」による認識イメージ

またDaydreamの要求スペックを満たす「Daydream Ready」端末に、「Galaxy S8」がアップデートにより対応することが合わせて発表された。

「Galaxy S8」のDaydream対応も発表された

関連リンク

関連記事