Google Assistantに対応

音声操作スピーカー「Google Home」日本でも年内発売

編集部:風間雄介
2017年05月18日
Googleは、開発者向けイベント「Google I/O 2017」において、音声操作対応スピーカー「Google Home」を2017年内に日本で発売すると発表した。

Google Home

Google Homeを新たに日本、カナダ、フランス、ドイツ、オーストラリアで販売する。価格は発表されていないが、米国では129ドルで販売している。

クラウドを使ったAI機能「Google Assistant」に対応していることが最大の特徴。スピーカーに質問したり、行いたいことを話しかけて操作できる。たとえば天気や株価、スポーツの結果などを質問すると音声で答えてくれる。

オーディオ機能の操作を音声で行うことも可能で、Google PlayやSpotify、YouTube Musicなど複数のサービスも利用できる。ほかに、様々なスマートデバイスと連携し、Google Homeをハブとしてほかの機器を操作することもできる。

音声認識機能は、複数のユーザーの声を聞き分けることも可能。またハンズフリー通話にも近日対応することがGoogle I/Oで発表された。

同種の音声操作スピーカーでは、Amazonが「Echo」シリーズで先行。米国でも高いシェアを誇っている。

関連リンク

関連記事