オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「CM6 S2」も追加

B&Wから新CMシリーズ「CM S2」登場 −トゥイーター刷新、ネットワーク強化

ファイル・ウェブ編集部 小澤貴信

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2014年09月05日
ディーアンドエムホールディングスは、B&Wのスピーカーシステム「CMシリーズ」を刷新した「CM S2シリーズ」8機種を2014年9月より発売する。ラインナップは以下の通り(価格はいずれも前者がピアノブラック、後者がローズナット)。

■フロア型スピーカー
CM10 S2 ¥330,000/1本(税抜) ¥300,000/1本(税抜)
CM9 S2 ¥210,000/1本(税抜) ¥185,000/1本(税抜)
CM8 S2 ¥154,000/1本(税抜) ¥140,000/1本(税抜)

左から「CM10 S2」「CM9 S2」「CM9 S2」

■ブックシェルフ型スピーカー
CM6 S2 ¥330,000/ペア(税抜) ¥300,000/ペア(税抜)
CM5 S2 ¥200,000/ペア(税抜) ¥180,000/ペア(税抜)
CM1 S2 ¥140,000/ペア(税抜) ¥128,000/ペア(税抜)

「CM6 S2」

左から「CM5 S2 」「CM1 S2 」

■センタースピーカー
CM Centre 2 S2 ¥170,000/1本(税抜) ¥155,000/1本(税抜)
CM Centre S2 ¥110,000/1本(税抜) ¥100,000/1本(税抜)

「CMC2 S2」

「CMC S2」

発表に先立って開催されたプレス向け発表会の冒頭では、ディーアンドエムホールディングスのプレジデントであるティム・ベイリー氏が登場。全モデルをリニューアルする、新しいCMシリーズを国内投入する意気込みを強調した。

ディーアンドエムホールディングス Prexident, Consumer Strategic Business Unit ティム・ベイリー氏

新CMシリーズは、今年3月に先行してモデルチェンジが行われていた「600 S2」シリーズ(関連ニュース)と同様、従来の型番の末尾に「S2」が付く。「CM1」が発表された2006年1月から数えると、実に8年ぶりのラインナップ刷新となる。また2013年10月に発売されたばかりの「CM10」も含め、ラインナップ全機種が「S2」に更新されたこともポイント。さらにトゥイーター・オン・トップ方式を採用したブックシェルフ型モデル「CM6 S2」が、新たにシリーズに追加された。

CMシリーズのブックシェルフ3機種。新たにCM6 S2が追加

「CM S2」シリーズはデザインを一新。600 S2シリーズで初採用されたダブルドーム・トゥイーターを全モデルに搭載した。2ウェイモデルに搭載されているバス/ミッドレンジ・ドライバーには、600 S2に先行搭載された防振プラグを採用。また全モデルでクロスオーバー回路を大幅にグレードアップしたことも大きな変更点となる。

ローズナット仕上げのCM1 S2

ピアノブラック仕上げのCM6 S2

カラーについては、グロスブラックとローズナットを用意。本国でラインナップされているサテンホワイトは、現時点で日本国内での導入予定はない。また従来シリーズで用意されていたウェンゲ(焦げ茶)は、新シリーズではラインナップされていない。なお、新CMシリーズのサブウーファーは、現時点で同社が取り扱っている「ASW 610BST」と外観以外に変更がないため、国内では取り扱わない。

発表会にはB&Wに長年関わってきたマランツ音質マネージャーの澤田龍一氏が登場。CM S2シリーズの各モデルの詳細について説明を行った。

ディーアンドエムホールディングス Marantzサウンドマネージャー 澤田龍一氏

■ユニット外周のトリムリングなど外観デザインを刷新

デザイン面でまず目を引くのは、スピーカーユニットの外周リングの変更だ。トゥイーターやウーファーの外周のトリムリングは、従来ではドライバーと一緒にネジ止めされていたが、CM S2シリーズではドライバーに連結せずエンクロージャーに固定する方式に変更。これによりドライバー振動の輻射が改善された。

CM1 S2(左)と旧CM1(右)

CM S2シリーズのウーファー外周のリングはネジ止めされていない

またトゥイーターの外周リングが大幅に小さくなった。従来のCMシリーズで大きなリングを使用していたのはデザイン面での理由が大きく、今回は音質に影響を与えないことを最優先とし、最小限のサイズのものに変更された。

また、トゥイーターには新たにグリルメッシュ・プロテクターを追加。トゥイーター外周にマグネットで接着する形式をとっている。このメッシュは試聴時には取り外すことが推奨され、専用取り外しツール(マグネットのついたスティック)がパッケージに同梱される。

トゥイーターのメッシュカバーを外したところ

そして、新CMシリーズのサウンド面でまず注目なのが、ラインナップ全モデルで実施されたトゥイーターの刷新である。

全モデルがトゥイーターを刷新した

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事