オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
バイアンプモード/モノラルモードに切替可能

オラソニック、“NANOCOMPO”の小型ステレオパワーアンプ「NANO-A1」

ファイル・ウェブ編集部
2013年10月16日
(株)東和電子は、OLASONICブランド“NANOCOMPO”シリーズの新モデルとして、コンパクトなステレオパワーアンプ「NANO-A1」を11月下旬に発売する。価格は73,500円(税込)。

NANO-A1

NANO-A1の背面端子部

“NANOCOMPO”は据え置き型のコンパクトなオーディオシリーズで、これまでにUSB-DAC内蔵プリメイン「NANO-UA1」、小型CDプレーヤー「NANO-CD1」、ヘッドホンアンプ内蔵D/Aコンバーター「NANO-D1」などの製品をラインナップ。今回発表のNANO-A1が第4弾製品となる。

なお、本体カラーはこれまでの製品と同じプラチナホワイトのほかに、新色のシルキーブラックも用意。同時に、既存製品3モデルにも新色シルキーブラックが追加される。

NANO-A1(シルキーブラック)

NANO-A1の筐体は、アルミダイキャスト製の高剛性シャーシフレームを採用。シリーズ共通の特徴であるCDジャケット3枚分の超小型サイズを実現した。外形寸法は149W×39H×172Dmmで、質量は1,200g。

パワーアンプは、TI社製TPA3118を1.2MHzの高速スイッチング周波数でドライブするシステムとしている。周波数特性は5Hz〜100kHz。

内部構成

なお、本機は通常のステレオアンプとしての使用の他、バイアンプモード/モノラルモードに切り替えて使用することもできる。スピーカー出力はステレオおよびバイアンプモードが56W+56W(4Ω)/28W+28W(8Ω)(ダイナミックパワー)で、モノラルが56W(4Ω)/28W(8Ω)(ダイナミックパワー)。

東和電子独自の電源供給方式「SCDS(Super Charged Drive System)方式」を採用している。これは、小信号時に余る電気を大きなキャパシターに蓄え、それを大信号時に供給するという仕組み。SCDS方式により、最大出力時の消費電力を45Wに抑えている。

本体とAC アダプターの接続にはLEMOコネクターを採用。AC電源ケーブルには3Pインレットタイプを使用しており、ケーブルを交換できる。

なお、東和電子では「高音質USBケーブル試聴用4本セットプレゼント」と題したキャンペーンも2014年1月15日まで実施する。今回発表のNANO-A1を含む“NANOCOMPO”シリーズ4製品のいずれかを期間中に購入したユーザーを対象に、AIM、SUPRA、WIREWORLD、Zonotoneの各ケーブル(20cm仕様)をプレゼントするというもの。

なお、キャンペーンは2種類あり、本キャンペーンのほかに縦置きスタンドのプレゼントも選ぶことができるが、いずれにしてもプレゼント希望の場合は、対象製品を購入のうえ、10月22日から開設されるキャンペーンサイトから応募する必要がある。なお、応募は日本国内在住者のみ対象となる。

【問い合わせ先】
Olasonicサポートセンター
TEL/03-6303-9814
新着記事を見る
  • ジャンルパワーアンプ
  • ブランドOLASONIC
  • 型番NANO-A1
  • 発売日2013年11月下旬
  • 価格¥73,500(税込)
【SPEC】●周波数特性:5Hz〜100,000Hz ●消費電力:スタンバイ時…0.5W、最大出力時…45W ●外形寸法:149W×33H×149Dmm(突起部含まず) ●質量:1200g(アンプ本体のみ)

関連記事