HOME > レビュー > amadanaともコラボ。ハウスメーカー「ライフレーベル」が考える“いえなかホビー“とは?。住まいの中心に趣味のアイテムを!

ホームシアターCHANNEL 連携企画

amadanaともコラボ。ハウスメーカー「ライフレーベル」が考える“いえなかホビー“とは?。住まいの中心に趣味のアイテムを!

2023/01/23 ホームシアターファイルPLUS編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

■連載「ハウスメーカーが考える いえなかホビー」Vol.6



家のことを知り尽くしたハウスメーカーだからこそ、ホームシアターづくりのヒントになる、家のなかでの“遊び方”も知っているはず。連載「ハウスメーカーが考える いえなかホビー」では、ハウスメーカーに直撃し、一歩先の住まいをご紹介しています。Vol.6のハウスメーカーは「ライフレーベル」です。

ライフレーベルは“HOUSE IS ENTERTAINMENT”をキーワードに、カルチャーやファッションの要素を住宅に落とし込んださまざまな情報を発信している住宅ブランドです。

ライフレーベル(LIFE LABEL)は、住まい手目線の家づくりをスタンドダードにするべく、多種多様なブランドやインテリアショップ、雑誌などとコラボして「規格住宅」を開発してきました。規格住宅は、フルオーダーとまではいかないものの、プロが決めた選択肢から好みに合わせて内装などを選べるため、コストパフォーマンス高く、自分の理想の住まいを実現できるメリットがあります。

LIFE LABEL ディレクター 林 哲平さん

「amadana base produced by amadana」は、そんなライフレーベルがクリエイティブ総合商社「amadana(アマダナ)」とコラボした規格住宅です。玄関や廊下など一般的にはサブスペース扱いになりがちな共用部を「好き間」と名づけ、趣味を楽しめる空間として家の中心に配置しています。

「amadana base」では家の真ん中に趣味があって、その周りを機能が囲むというユニークな発想を採用しています。


Vol.6では、amadana baseで「音楽が中心にある好き間」を実現したライフスタイルをご紹介します。

>>つづきは「ホームシアターCHANNEL」で!

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE