HOME > レビュー > 8万円以上のサウンドバーを一斉実機テスト! 大画面テレビにぴったりな本格派が勢揃い!

ホームシアターCHANNEL 連携企画

8万円以上のサウンドバーを一斉実機テスト! 大画面テレビにぴったりな本格派が勢揃い!

2022/05/06 ホームシアターファイルPLUS編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
■サウンドバー特集 2022 SPRING PART2
テレビシアターのシステムのなかで外すことのできないアイテムであるサウンドバー。本稿では、VGPアワードで審査員を務める折原一也氏がサウンドバーの一斉試聴を実施。「サウンドバー特集 2022 SPRING PART2」では、プレミアムクラス編として、8万円以上のモデルを横並びで比較試聴しました。

BANG&OLUFSEN、DENON、PANASONIC、SENNHEISER、SONYのブランドが登場します。

プレミアムクラス編で取り上げたモデルは、全モデルにおいて5万円未満の入門クラスとは圧倒的に差がある、別次元のサウンド体験を実現してくれます。そして、さらに各オーディオブランドのサウンド思想をもちあわせた完成度の高いモデルが並びます。大画面テレビの映像体験にふさわしい、臨場感あふれるシアターサウンドを叶えてくれる5モデルのレビューをお届けします。

クオリティチェックでは、映画コンテンツをはじめ、音楽ライブ、2ch音楽の再生も検証しました。

>>つづきは「ホームシアターCHANNEL」で!

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE