【大阪府・M邸】明るいリビングでも鮮明な映像を映し出すシアター

ホームシアターファイル編集部
2012年11月07日
暮らしに音楽と映像が寄り添う
素敵なホームシアターライフが実現



数年前からホームシアターとガレージのある家に憧れていたというMさん。「インテリアを損ねず、リビングに映画館をつくりたくて、ホームシアター工房のショールームを訪ねました。そうしたら、照明やカーテンも含めて、ホームシアターをiPadで簡単に操作できることや、音楽配信ができることを知り、どんどん構想が膨らんでいきました」(Mさん)

インストールを手がけたのはホームシアター工房 大阪の田中雅史氏。機器を住まいに美しくビルトインするだけでなく、さまざまなソリューションを盛り込み、つくりあげていった。

白金に輝くリビングに設えられたホームシアターなので、プロジェクター選びには慎重を期した。コストパフォーマンスを考慮した結果、明るい環境下でもしっかりとした映像を映し出す、高輝度タイプのエプソンEH-TW8000Wを選んだ。もちろん、インテリアを損ねないカラーリングや、投写距離などの設置性にも配慮した。明るく力強い3D映像もセレクトした理由である。

プロジェクターは明るく3D映像にも対応したEH-TW8100Wをセレクト

この鮮明なプロジェクターを核に構築されたM邸のリビングシアターでは、映画だけでなく、音楽やスポーツ、カラオケまで、多彩なコンテンツが上映されている。操作性も極めてスマート。iPadを用いて、ワンタッチでAV機器と照明、ロールカーテンを連携して操作できる。「プロジェクターで視聴」ボタンにタッチすれば、スクリーンがゆっくりと下がり、ホームシアターに相応しい照明シーンに切り替わり、必要な機器の電源がすべてオンとなり、TW8000Wの美しい映像がスクリーンに映し出される。

パナソニックの調光装置「リビングライコン」を使って、ワンタッチであかりのシーンが切り替えられるようになっている。操作は壁スイッチでもiPadでもOK

アンプなどの機器とサブウーファーは収納スペースに隠している。デノンのシステムステレオN7シリーズでAirPlayを使った音楽のワイヤレスリスニングにも対応する

毎日の暮らしに音楽と映像が寄り添う素敵なホームシアターライフ。M邸では、今日もスクリーンにさまざまなコンテンツが映し出されていることだろう。

HOMETHEATER DATA

住まい●新築
広さ●約15畳(ダイニング含む)
映像●100inch+46inch
音響●5.1ch


EQUIPMENT LIST

<AV機器>
●プロジェクター:エプソン EH-TW8000W
●スクリーン:GRANDVIEW GEA-100HDW
●プラズマテレビ:パナソニック TH-P50VT3
●ブルーレイレコーダー:パナソニック DMR-BWT3000
●AVアンプ:デノン AVR-3312
●フロントスピーカー:CAV HT-62
●センタースピーカー:CAV HT-62
●リアスピーカー:CAV HT-62
●サブウーファー:オンキヨー RCD-N7
●BGMスピーカー:SpeakerCraft AIM7 DT Three

<ホームコントロールシステム>
●コントローラー:Apple iPad
●ホームコントロールシステム:CRESTRON QM-RMC


INSTALL

ホームシアター工房大阪 田中雅史 氏