【特別企画】小型で安価ながらしっかり“ハイエンド”な音

元Wadia技術者による新鋭ブランド “EXOGAL” 登場。 第1弾「Comet Computer DAC」の驚くべき実力

角田郁雄

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2014年10月30日
全盛期のワディアにおける中心的な技術者だったジム・キニー氏が立ち上げた新鋭ブランド「EXOGAL」。2014東京インターナショナルオーディオショウでも注目を集めた第一弾製品であるコンパクトなUSB-DAC「Comet Computer DAC」を、自身でもワディア製品を長く愛用し、その技術にも精通する角田郁雄氏がレポートする。

ワディアの中核技術者が立ち上げた新鋭ブランド

今年の東京インターナショナル・オーディオショウでも、新たなハイエンド・モデルが多数披露された。その中で気になったひとつが、EXOGAL(エクソギャル)という2013年に創業を開始した新進ブランドのUSB-DAC「Comet Computer DAC」だった。

なぜならEXOGALの開発者が、かつてWadia Digitalに在籍したJim Kinne(ジム・キニー)氏であったからだ。ワディアは理想のアナログ波形を実現するために、卓越したアルゴリズムを駆使して独自のマルチビット型DACテクノロージーを実現した。読者のなかには、過去のワディアのCDプレーヤーやDACを大切にお使いの方もいることであろう。CDトランスポート「Wadia270」やデコーディング・コンピューター「Wadia27」、マッシブなモノラルDAC「Wadia Series 9」は、彼が手がけた代表的なモデルである。

EXOGAL「Comet Computer DAC」 ¥280,000(税抜)

私も往年のWadiaの製品を長く愛用してきたが、それには理由があった。現在主流となるΔΣ1bit型DACチップはSACDにも対応し、空気感や繊細さを引き出すDACとしては認めている。しかし、その一方でマルチビットDACチップの音は、音像に明瞭な実体感を示し、中低域にアナログ的な厚みをもたらしてくれる。低域の弱音には深い陰影までも感じさせ、その音からしばらくは逃れることができなかった(ちなみに優秀なマルチビット型DACチップとしては、バー・ブラウン「PCM1704K」などがその代表と言える)。

EXOGALはJim Kinne氏に加えて、卓越したユーザーインターフェイスやデジタル制御を行なうFPGA、DSPの設計者であるジャン・ラーセン(Jan Larsen)氏も名を連ねている。私にとってEXOGALは今、注目するブランドなのである。なお、EXOGALというブランド名のEXOは“out of”、GALは“galaxy”を意味しており、「銀河の遥か彼方」というメッセージが込められている。 

384kHz PCMや5.6MHz DSDに対応。プリ機能やヘッドホンアンプも搭載

EXOGALの第一弾のモデルが「Comet Computer DAC」である。コーナーがラウンドしたA4サイズほどの大きさで、アルミケースが美しいフォルムを呈している。操作スイッチ類は一切なく、表示パネルのみが中央に据えられている。付属リモコンからの操作に加えて、iPadなどにインストールした操作アプリ「EXOGAL remote」を用いてBluetooth経由で入力切り替えや音量調整を行うことができる。

Comet Computer DACはコンパクトながらアルミ製の筐体に身を包んでいる

USB入力は384kHz/32bitまでのPCMと5.6・2.8MHzのDSDに対応する。他にも同軸、光、AES/EBUのデジタル入力を備える。RCAアナログ入力も1系統装備している。

本体右側面にヘッドホン出力を搭載

手のひらサイズの簡易リモコンも付属する

プリアンプ機能も備え、アナログ出力は音量可変のバランスXLR端子、アンバランスRCA端子を用意。ヘッドホンアンプも内蔵する。プリアンプ機能を活かせば、パワードスピーカーなどと組合せたシンプルなシステムも構築できる。

ワディア譲りの緻密かつ計算された回路構成を分析

前のページ 1 2 3 4 次のページ