パイオニアのバースピーカー「FS-EB70」から

オンキヨー/パイオニア、AV製品用のDTS Play-Fi対応アップデートを順次提供開始

編集部:伊藤 麻衣
2017年08月02日
オンキヨーグループは、同社AV機器用ファームウェアにおいて、DTS Play-Fiに対応するための無償アップデートを、本日8月2日から順次実施する。アップデート第一弾となるのは、パイオニアブランドのバースピーカー「FS-EB70」。

パイオニア「FS-EB70」

本アップデートにより、DTS Play-Fi対応アプリケーションをインストールしたiPad/PhoneやAndroidスマートフォン/タブレットから簡単に、オンキヨー、パイオニア、IntegraブランドのDTS Play-Fi対応機器へのストリーミング再生が可能になる。

また、DTS Play-Fiの最大の特長であるマルチルーム・ワイヤレスオーディオ機能で、同じホームネットワーク上のAV機器を連携させることで、別々の部屋で同時に同じ音楽を再生するなど多彩な音楽再生を楽しむことができる。

マルチルームオーディオ機能で家中で音楽を楽しむことができる

アップデート対応製品と今後のアップデート実施予定時期は以下のとおり。

【オンキヨー製品】
・TX-L50 / BASE-V60 / BASE-SW88V / TX-RZ820 / TX-NR676E…8月下旬
・R-N855…9月下旬

【パイオニア製品】
・SC-LX901 / SC-LX801 / SC-LX701 / VSX-S520 / SX-S30 / NC-50 / N-70AE / N-50AE / XC-HM86 / X-HM76 / VSX-832…8月下旬

【Interga製品】
・DRC-R1 / DRX-R1…8月下旬

関連記事