実売46,000円前後

ナガオカ、音響フィルターにルビーを使用したイヤホン「R1」。レコード針製造で培った技術を応用

編集部:川田菜月
2017年07月14日
ナガオカトレーディングは、音響フィルターにルビー材を使ったカナル型イヤホン「R1」を7月28日から発売する。価格はオープンだが、46,000円前後での実売が想定される。

「R1」

R1は、同社がレコード針の製造等で培った高硬度素材加工技術を活かして、穴開け・切削したルビー材を音響フィルターに採用したイヤホン。2016年10月に開催された「秋のヘッドホン祭2016」にて参考出展されていたモデル(関連ニュース)で、パーツそのものの共振を抑えて低域を補う効果を持たせているとのこと。

レコード針で培った技術を応用して開発

内部には国内で開発設計したBAドライバーを搭載。ハウジングはアルミの削り出しを採用し、内部のルビーが見えるよう加工を施している。カラーはシルバーとブラックをラインナップ。

内部のルビーが見えるよう加工

イヤーチップにはシリコン(S/M/L)とコンプライを用意。その他、国産牛革を使用したオリジナルポーチ、交換用耳垢防止フィルターなどを付属する。

ケーブルはY型で、銀メッキ処理をした4N OFC線を採用。長さは1.2m。プラグ部は金メッキを施したL型の3.5mm 3極ミニプラグを備える。

再生周波数帯域は4Hz〜90kHz、出力音圧レベルは113dB、インピーダンスは31Ω、質量は8g(ケーブル含まず)。

なお、e☆イヤホンでは、明日15日より店頭展開、および予約開始を行うとのことだ(発売は7月28日を予定)。

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドNAGAOKA
  • 型番R1
  • 発売日2017年7月28日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格46,000円前後)
【SPEC】●プラグ:金メッキ L型の3.5mm 3極ミニプラグ ●再生周波数帯域は4Hz〜90kHz ●出力音圧レベル:113dB ●インピーダンス:31Ω ●ケーブル長:1.2m ●質量:8g

関連記事